尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

2011年度全日本吹奏楽コンクール課題曲のすべて

SHOBI講師陣による課題曲講座

 

IV.南風のマーチ (渡口公康)

パート別ワンポイントアドバイス(フルート編/講師・渡辺 泰)

渡辺 泰素直で親しみやすいメロディラインとシンプルな曲の構成で、バンドの個性がはっきり出そうな曲ですね。明るくスピード感のある音で演奏できたら良いですね。

冒頭の7連符、吹き飛ばさず正確に並べたいですね。Bの音はブリチュアルディキー(左手親指の押すとBの音が出るアレ)を使う方がスムーズに演奏できると思います。

[B] の1小節前に出てくるようなスラーの最後の8分音符はきちんと演奏できるように(音価いっぱいに延ばす、という意味ではないので念のため)。

[C] からの4小節は和声のバランスを意識して。またその後のメロディはあまり弱くならずに明るい音色で歌えるように。表情の変化をしっかりつけて演奏して下さい。

[G] のソロは3連符を正確に演奏するのは難しいですね。それと2小節目のD音は手前の音からの跳躍の幅が広いのでしっかり吹き分けて下さい。

[H] からはこの動きが我々にしかないので、しっかり音量を出せるようにしたいですね。まずはゆっくり丁寧に一つ一つの音を発音して下さい。テンポを上げても決して雑に吹き飛ばさないように。特に5小節目からのPicc.のみの場所は気をつけて。全体とのバランスを、よく皆で考えて演奏をしたいですね。

課題曲1でも書きましたが、こういった曲は音色の明るさが命。まずは奏者がHappyな気持ちで演奏したいですね。顔や声の表情は意外に演奏の表情に出ているのものですよ。

【渡辺 泰プロフィール】
1990年桐朋学園大学音楽学部在学中に新日本フィルハーモニー交響楽団に入団し、ソロ・ピッコロ、フルート奏者として活動し現在に至る。新日本フィル等と協奏曲の共演や新作の初演、室内楽、ソロ等の演奏活動も行っている。また、サイトウ・キネン・オーケストラ、スーパー・ワールド・オーケストラ、ジャパン・ヴィルトオーソ・シンフォニー・オーケストラ等へも参加。オーケストラ、吹奏楽の指揮・指導、レクチャーの講師等、幅広い活動をしている。