尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

2012年度全日本吹奏楽コンクール課題曲のすべて

SHOBI講師陣による課題曲講座

 

II. 行進曲「よろこびへ歩きだせ」(土井康司)

天野正道先生・佐藤正人先生・渡辺由美子先生による鼎談

佐藤―― 今年の作品に限らず、今までの課題曲のなかでもなかなか味わい深い作品ですね。落ち着いたテンポ設定です。

天野―― そう、最近のマーチにしてはテンポが遅めかな。典型的なマーチのスタイルではないけど、課題曲的なマーチじゃないので楽しみではあるね。この曲も小編成に対応している。

渡辺―― 打楽器は、Timp.がないですね。S.D.、B.D.、C.Cym.、Trg.の4つです。小太鼓はフレーズを感じて演奏すること、ロールの練習をしっかりやらないとだめです。例えば音符とロールを交互にやってテンポ感をつかむ練習をすると良いです。(→詳しくは「パート別ワンポイントアドバイス/パーカッション編」をご参照ください。)
また、スコアから役割を考えて演奏・練習したいです。合わせシンバルも強弱だけではなく音色やバランス等センスが問われそう。シンプルに書かれていますが、スコアを頭にいれて演奏を引っ張れるくらいにしたいです。

佐藤―― 打楽器の配置的には、雛壇の上や舞台下手のパターンがあるけど、B.D.とCym.は並んだほうがいいです。打楽器のリズムの表現や表情で、かなり曲想が活き、メリハリがつく。打楽器と伴奏だけも練習すると良いですね。

渡辺―― そうですね。かなり安定感が違ってくると思います。

佐藤―― 最初の金管、リズムの扱いで印象変わりますね。休符があっても、音が短くならないほうが良い。テヌートの長さの揃え方も。大事にはっきりと吹く感じかな。このファンファーレは思い切って吹きたいです。9小節目に向かっていく感じで。木管はスラーの3連符のあとの8分音符はしっかりタンギングしてクリアに。

天野―― うん、作曲者は、テンポを四分音符=96にとらわれなくて良いと言っているけど、設定よって様々な解釈ができるね。

佐藤―― 全体の印象や難易度に影響します。色々な速さで試してみることも大事だけど、(制限時間の)12分のために表現が犠牲にならないようにしたいです。

天野―― 曲の感じが違っても平気で速く演奏する人たちいるからね。(一同うなずく)

佐藤―― 序奏の主題が、40小節、62小節と最後にも登場しますね。

渡辺―― つなぎの打楽器ソロも。

天野―― それで統一感出している。[F] が [A] の再現、[G] が [B] の再現という構成。最後は [A] のモティーフで終わる。力強い部分が前半と後半にあって、美しいコラール風の中間部。

佐藤―― [A] の主題は [C] と [F] それから最後の156小節にあって、[B] のレガートな主題は [G] ですね。この2つの対比大事。「美中の美」みたいに序奏のモティーフがあるのも特徴ですね。[A] と [B] 2つの主題は、しっかり歌うことと、安定したテンポで演奏したいですね。

天野―― そう、印象的な部分だし。スコアにない表情もほしいね。

渡辺―― はい。打楽器も同じです。S.D.は [B]のリズムをしっかり練習です。手順はRRLですね。Trg.はS.D.と隣が良いです。

佐藤―― [B] のフルート1stはmp かな。

天野―― そうだね。落ちているかも。たぶん [G] と同じ。[B] の対旋律面白いねー。伴奏は、打楽器によるところがかなり大きいね。

渡辺―― はい、([B] で伴奏している人たちで)集まってよく練習したいです。テンポの安定感も大切です。

佐藤―― 伴奏のパターンにも注目。決め所の2つの8分音符は転ばないように。23と27、49、57、64小節、最後も。[C] からの[A] の再現は、楽器やオクターブ上の響きが加わって、同じ mf でも華やかになっています。62小節から前半のクライマックスになるよう、音量も含め表現したいです。

渡辺―― そうですね。([D] への)つなぎの打楽器と4分音符テヌート、たった3小節ですがこれも大事です。[D] からのようなスコアは、久々にみました。

天野―― 打楽器ね。この部分、しびれるね。ヨーロッパのグランドマーチの感じもある。

佐藤―― はい。曲全体から受ける感じは、音は違うけど、Jヴァンデルローストの作品を彷彿させます。

天野―― そうだね、構成が似ているかもしれない。

佐藤―― [D] からは、E♭スタート主題とB♭スタートの対旋律的なライン、低音のラインを確認して、しっかり合わせたいですね。横の流れ、バランスをカッチリやらないと。表現の仕方も。少し遅くなりそう。でも、速さは多少変化してもいいかな。でも前向きな感じがほしい。 スラーをはずして吹く練習も必要。

渡辺―― 打楽器もテンポキープ大事です。良く合わせたいです。

佐藤―― 小太鼓の周りに集まって練習するのも良いかも。

渡辺―― それ良いですね。

天野―― [E]~[F] に向けては中間部の音楽的な頂点。ここも表情は奏者に任されているけどたっぷり演奏したいね。
後半は、テンポ設定が前半と統一されていることと、構成の違いを意識する。長さ以上に良くできている曲だ。

佐藤―― そうですね。 [G] の後半から。エンディングに向かう推進力と力強さ、特に148小節以降、特に154小節にある一瞬のrit. はバンドの腕の見せ所。かなりインパクトが強いです。最後も月並みな言い方ですが。盛り上げたいですね。

天野―― それ大事。

佐藤―― 先生方ありがとうございました。