尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

2012年度全日本吹奏楽コンクール課題曲のすべて

SHOBI講師陣による課題曲講座

 

II. 行進曲「よろこびへ歩きだせ」(土井康司)

パート別ワンポイントアドバイス(トロンボーン編/講師・奥村 晃

奥村 晃[1小節目~] 
このパターンは16分休符、符点8分休符がしっかり表現できるように、リズム、テヌートをきっちり合わせてください。

[12小節目~]
響きのあるハーモニーで、かつ軽くクリアに聴こえたいですね。

[15小節目]
一拍目の8分音符2つは転びやすいのでカッチリ。2拍目裏の3rd、23小節目2拍目裏の2nd、3rdなどのテヌートは上パートのスラーのメロディと別個にならないよう、同じようにスラーで次に続く位の気持ちで丁寧に。それに続く16~17、24~25小節目などの動きも8分休符をしっかり感じて。また、スラー終わりの8分音符の処理が雑にならないよう長めに丁寧に、滑らかなスラーにしてください。

[39小節目]
トロンボーンから始まる冒頭のリズムパターンですが、16分音符ははっきり聴こえたいのですが、ついついタンギングに頼りがちになり汚くなりやすいので長めにしっかり鳴らす感じで。

[53小節目]
cresc. が最後に失速してしまわないよう、54小節目の頭までし続けるつもりで。

[90小節目~]
2nd・3rdは木管のコラール的な響きを受け継ぐのでできるだけ柔らかく滑らかに。92小節目のfに向けての cresc. も力任せにならないよう、暖かい音色をキープしましょう。

[92小節目~] 
教会のパイプオルガンのようにたっぷりと響かせましょう。3rdのテヌートの動きは少し音量上げめで主張しましょう。レガートは朗々となめらかに。しかし、テンポ的には重くならないよう気を付けてください。

【奥村 晃プロフィール】
長野県立上田高校を経て東京藝術大学音楽学部器楽科に入学。1995 年安宅賞を受賞して卒業する。同時に 東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団に入団し、1996年からは財団法人新日本フィルハーモニー交響楽団に移籍し、現在に至る。これまで、1991年 第8回日本管打楽器コンクールトロンボーン部門入選、1997年には第14回日本管打楽器コンクールトロンボーン部門第1位を受賞し、同時に東京都知事 賞、文部大臣賞も受賞する。