尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

2012年度全日本吹奏楽コンクール課題曲のすべて

SHOBI講師陣による課題曲講座

 

IV. 行進曲「希望の空」(和田 信)

パート別ワンポイントアドバイス(オーボエ編/講師・市原 満)

市原 満Marchの表記で約116の指定だから、典型的正統派マーチ。この曲は絶対に116を超えないほうが美しいぞ!速くしないと表現できないときは、自分の音楽的センスを疑うべき。センスを磨け!

6/8拍子のマーチ代表作はスーザの「ワシントン・ポスト」が有名だね。やったことがない人は是非聴いてみてね。きっと6/8のノリが理解できるはず。

オーボエはオプション扱い。でも、特に旋律が豊かなサウンドになるから、しっかりオーボエの存在を主張して演奏しよう。
冒頭3小節目のアクセントは、2番目を強調しすぎないこと。優先順位はあくまでも小節の頭にあるからね。音符の4分音符はマルカートで軽やかに。特にスタッカートが付いていないけどマーチではそれが原則。Es-Durで出てくる「F」は左Fキー、フォークFキーのどちらを使ってもOKだけど、小節の頭や伸ばしの時は左Fキーのほうが音色、音程が安定するから、上手く使い分けてね。

フィンガリング

Trio、113小節からのユニゾン旋律は、柔らかさを出すためにもヴィブラートを軽くかけよう。随所に出てくる「中音D♭」は高くなりやすいので要注意。As-Durの音階練習をしっかりやって音程感を持っていれば大丈夫。「D♭⇔E♭」は絶対に右小指をスライドさせないこと。左E♭キーを使うこと。このとき左薬指が真っ直ぐに伸びていると左小指がキーに届かないので、左薬指は丸くアーチ形にするのがコツ。
[J] の旋律、1小節目の「E♭」は右でとり、そのままタイで次の1拍目まで行き、1拍目ウラで左E♭キーにチェンジすると楽チン。

フィンガリング

[ I ] からffだけどトランペットやアルトサックスも一緒だから、がんばりすぎないで楽に吹くこと。音色と音程重視!

【市原 満プロフィール】

トランペットを北村源三、北川晋、故金石幸夫の各氏に師事。80年東京芸術大学音楽学部別科修了。同年オーボエに転向。似鳥健彦氏に師事した後、81年ドイツに留学。ベルリンでハンスイェルク・シェレンベルガー(ベルリンフィル首席)、ミュンヘンで故マンフレッド・クレメント(バイエルン放送響首席)の各氏に師事。86年帰国後、多数のリサイタル、ソロコンサートを開催。NHK-FMリサイタル出演等ソロの他、木管五重奏団「アマデウス・クインテット」を主宰、活発に演奏活動を行っている。また全国各地で、吹奏楽コンクール、アンサンブル・コンテスト等の審査員や吹奏楽講習会、オーボエクリニックの講師を務める他、「バンドジャーナル・MANちゃんの木管アンサンブルの楽しみ(現在連載中)」の連載等執筆活動も行い、多方面で活躍している。
玉川大学芸術学部講師、尚美ミュージックカレッジ専門学校講師、日本オーボエ協会常任理事。

市原満公式ホームページ:http://ichihara-man.com/