尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

学科紹介 メニュー

学科紹介

管弦打楽器学科紹介

教育の特長

一人ひとりの目標と個性を大切にする「パーソナル教育」

SHOBI では、楽器演奏などの専攻実技は個人レッスン、少人数でのグループレッスンが基本。さらに学生一人ひとりに講師の目が届くようなクラス配置をしています。
それぞれの興味、適性、将来像にあわせて、各クラスにおかれている担任が適切な学習計画のアドバイスをします。一人ひとりと一対一で向き合うのがSHOBI のパーソナル教育です。

コンサート、ライブ、イベント活動を通じて学ぶ「実践教育」

プロとしてそれぞれのスタート地点に立つために、SHOBI では学内・学外を問わずさまざまなステージを用意しています。学内では、各学科で企画・運営されるコンサートやイベントが「バリオホール」「スタジオブーカ」などの学内施設を使って行われ、学外では、有名ライブハウスやコンサートホールを使ってのコンサートやライブが行われています。また、音楽業界や自治体からの出演依頼や協力依頼、レコーディング依頼も数多く、在学中から「プロの現場」を体験することができます。

学科を越えた活動が新しい可能性を広げる「コラボレーション教育」

たとえばピアノ学科のライブに管弦打楽器学科生・ヴォーカル学科生・プロミュージシャン学科生が加わって総合的なサウンドを作る。ミュージカル学科公演のピット演奏を管弦打楽器学科が務める。各公演のPAを音響・映像学科が担当し、SHOBI NET-TVスタッフが収録・配信する――。
ジャンルの違う学科の学生が、学内・学外のさまざまなコンサートやイベントでコラボレーションできるのも SHOBI ならではの特色の一つです。 コラボレーションすることによってお互いに刺激しあい新しいものが生まれます。

管弦打楽器学科(2年制)

将来目指す内容に合わせ、以下の各専攻を用意しています。すべてが実践主義!
また、2011年度より、SHOBI 出身の奏者も数多く在籍するプロフェッショナルな吹奏楽団「シエナ・ウインド・オーケストラ」と相互に提携し合同ステージを展開するほか、双方が拠点とする文京区の文化の振興・普及・発展を図っています。

管弦打楽器専攻 [募集定員:50名]

フルート/オーボエ/クラリネット/バスクラリネット/ファゴット/サクソフォーン/トランペット/ホルン/トロンボーン/ユーフォニアム/テューバ/打楽器/ヴァイオリン/ヴィオラ/チェロ/コントラバス/ハープ

自分が演奏力を高めたいと思う楽器を専攻し、グレードに応じた丁寧な個人レッスンで着実に実力をアップさせていきます。さらに、ソロとアンサンブルのダブルレッスンで、多様なシーンに対応するための演奏力を強化。
コンサートやレコーディングの現場で即戦力になるために、プロの演奏に参加する機会も用意しています。
また、プレイヤーに必要なプレゼンテーション能力も身につけていきます。

吹奏楽・マーチング専攻 [募集定員:30名]

フルート/オーボエ/クラリネット/バスクラリネット/ファゴット/サクソフォーン/トランペット/ホルン/トロンボーン/ユーフォニアム/テューバ/コントラバス/打楽器/カラーガード

多くの優秀な吹奏楽指導者を輩出してきたSHOBI。その実力は、「吹奏楽といえばSHOBI」「マーチングといえばSHOBI」と称され、高い評価を受けています。一流講師による指導と各種実践で実力と自信をつけることが可能。
日本管打・吹奏楽学会の吹奏楽検定(3級&2級)の取得を目指し、またマーチング分野では日本マーチングバンド協会認定の指導者ライセンス(3級&2級)を在学中に取得できます。

1年次には毎年5月に浜松市で開催される「日本吹奏楽指導者クリニック(JAPAN BAND CLINIC)」に、そして2年次には米国シカゴで開催される世界最大規模の吹奏楽イベント「ミッドウエスト・クリニック」に参加し、国内外音楽業界の最先端に触れる機会を得られます。

※吹奏楽・マーチング専攻生は必修。参加費、渡航費などは学費に含まれます。(一部諸費用は除く)。

(ジャズ・ポップス分野のプレイヤーになりたいキミには「ジャズ・ポピュラー学科」もオススメ!)

音楽総合アカデミー学科(4年制)[募集定員:全コース併せて60名]

■ 管弦打楽器コース

専攻レッスン 及び 吹奏楽・オーケストラ等の器楽合奏を4年間しっかり学び確かな技術と表現力を獲得。さらに、ピアノ、ヴォーカル、作・編曲、弾き語り、管弦打楽器各楽器等、主専攻以外のレッスンが受けられる「専攻B」により音楽をより深く理解することもできます。 吹奏楽編成のオーケストレーションの仕方と編曲方法を学ぶ「吹奏楽編曲法」(指導:高橋伸哉)が開講されているのもこのコースの魅力。その他さまざまな専門科目により、演奏技術・音楽の創作能力を高い次元で追求するとともに、自ら行動のできるプロデューサーマインドを持つ演奏家を育成していきます。
この学科を卒業すると「高度専門士」の称号が付与され、大学院等に進学する選択肢もひらけます。2年制の管弦打楽器学科を卒業後、音楽総合アカデミー学科3年次への編入学試験を受けることも可能。大学・短大・社会人の編入学での受け入れも実施しています。

《音楽総合アカデミー学科(4年制)》「大学併修制度」による【小学校教諭一種・幼稚園教諭一種】の教員免許取得が可能

音楽総合アカデミー学科では、東京未来大学こども心理学部こども心理学科通信教育過程との併修提携により教員免許の取得が可能になりました。また、認定心理士、レクリエーション・インストラクター、社会福祉主事任用資格などの資格も目指すことができます。音楽の専門家として音楽を活かす仕事の可能性を広げることができるユニークな制度です。

コンセルヴァトアール・ディプロマ科(附帯教育・2ヶ年)

■管打楽器専攻

管打楽器部門

2年間の在籍期間に、コンクール及びオーディションの積極的な参加はもとより、ソリスト、オーケストラ団員、国内外コンクール入賞を目指す若い世代の養成を目標とします。年2回のバリオホールでの公開試験を実施すると共に、室内楽などのアンサンブル活動も学内外を問わず積極的に展開します。

教授陣は、国内外の楽壇において第一線で活躍している音楽家が担当しており、一人ひとりの学生が将来音楽活動を十分に行えるよう、専攻実技のレッスン及び専攻ゼミナールが展開されます。実技においては審査の上で学生の希望する講師につくこともできます。音大卒業あるいはそれと同等の能力を持ち、主にクラシック音楽界の音楽家として道を求める方対象のコースです。
[⇒コンセルヴァトアールディプロマ科 サイト]

可能性を広げるSHOBI の学び

さらにその先へ

学科紹介 メニュー


ページトップ