2020.05.25

SHOBI

新型コロナウイルス感染症に対する本学の行動指針(学生・教職員の皆さんへ)

<自分でできる感染症対策>
1、季節性インフルエンザなどの対策と同様に、手洗い、うがい、アルコール手指消毒、マスク着用等による咳・くしゃみエチケット、換気の実施をしてください。
2、日々の不要不急の外出を控え、また登校・出勤時など混雑した場所や、公共交通機関の利用時は、混み合う時間帯をずらすなど人混みを避ける努力をお願いします。
3、十分な休養(睡眠や食事)で免疫力を上げるよう努めてください。
4、共有部分(つり革、扉のノブほか)を触る機会は多くあります。触った手で、目・口・鼻などを触らないように極力注意し、除菌ウエットティッシュなどを各自でも携帯し適正使用して感染リスクの軽減をお願いします。
5、自分が人に感染させないことを基本に行動をお願いします。

<お願いすること>
1、登校時は必ずマスクを着用してください。 
 ※1 登校・出勤中にマスクが汚れたりして使用できなくなった場合、学校の備蓄マスクを当面配布しますので本館事務局まで申し出てください。
 ※2 使用できなくなったマスクは袋などに入れて持ち帰ってください。
2、朝晩の検温と、ご家族や学校内など通常接する人以外の方と長時間会った時や、意図せず密になった場合は、記録をつけるようにしてください。

<登校停止・出勤停止の基本的な考え方>
1、通学・出勤前に体温を計測し、37.5度(目安)以上の発熱があった方
 ※解熱剤や風邪薬などで体温を押さえる発熱の症状があった方も同じです
2、息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)などの強い症状がある方
3、高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方・免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある方、
4、3、以外の方で発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状が4日以上続いている方
5、新型コロナウイルス感染症と診断された方

上記の場合は、通学・出勤をせず、各科に連絡し(学科が不在の場合は事務局まで)、自宅待機をしてください。
特に、2、3、4、の場合は、かかりつけ医か都道府県の新型コロナウイルス受診相談窓口まで連絡をして指示に従ってください。※命にかかわります。
PCR検査を受けた場合は、結果(陽性・陰性)に関わらず必ず学科に連絡をお願いします。

<登校停止解除の考え方>
上記1、の場合、解熱薬を使用しない状態での解熱(37℃未満)が確認でき、または、症状が改善して、それが48時間以上継続した状態になった際に登校停止を解除します。
2,3,4、の場合は所定の診断を受け、陰性と判明した時点で登校停止を解除します。

※不安に思う方
感染したかもしれないと不安に思う方、感染予防法を知りたい方などは、下記、新型コロナコールセンターにご相談ください。
「新型コロナコールセンター」(対応言語:日本語・英語・中国語・韓国語)
午前9時から午後10時(土日祝含む) 0570-550571

<登校後、体調不良になった場合>
自宅を出るときに問題がない場合でも、登校後に体調不良になる場合があります。その際は事務局に体調不良の申し出を行い、検温(非接触型体温計があります)を行ってください。
・体調不良の申し出による検温ですので、37.3度以上の発熱者は下校をするように指示をします。
・状況に応じて保護者等の送迎を依頼します。

<感染した方または感染が疑われる方は>
新型コロナウイルス感染症は、学校保健安全法に定める第一種感染症とみなされ、「学校において予防すべき感染症」となりました。本学では、第一種学校感染症に罹患した場合は、学内感染を予防するため、「学校保健安全法」「学校保健安全法施行規則」により治癒するまで「出席停止」となることから、感染またはその疑いがあるとみなされた学生は、欠席になりません。(その場合公認欠席となります。)講師の方は、代講または補講をお願いします。
※感染が疑われる方とは、かかりつけ医か上述の都道府県の新型コロナ受診相談窓口まで連絡をして指示に従っている状況の方を指します。

<新型コロナウイルス感染症陽性者と適切な感染防護なしに濃厚接触※した場合>
ウイルスに感染している可能性があります。
学科に状況説明の連絡をいれ、潜伏期間を考慮し、2週間、登校・出勤をしないでください。
この場合、学生は公認欠席となります。
毎日体温を測定して記録を付けてください。
遠隔教育などの授業が行われている期間は受講可能な場合その科目の受講をしてください。
※濃厚接触とは 患者が発症する2日前から、1m以内で15分接触(屋内で会話や体が触れ合う)した場合となります。

<同居の家族等に感染が疑われる場合> 
同居されている方も毎日体温を計測・記録するなど健康観察を実施し、不要不急の外出は避けるようご家族にもご協力をお願いいたします。
同居の家族等に感染が疑われる症状があるときは、出勤・登校はしないでください。
その場合は、学科に連絡をいれるようにしてください。
【ご家族に新型コロナウイルス感染が疑われる場合】(厚生労働省WEBサイト)
https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000601721.pdf

<感染が判明した場合>
感染者本人は、医療機関や保健所の指示に従って治療等に専念してください。
退院後さらに2週間は自宅経過観察をしてください。
可能な限り学科に連絡をお願いします
※ 感染者発生の連絡は、医療機関から保健所に届出がなされ、学校に報告がされます。
※ 感染者本人の行動履歴等のヒアリングは、保健所が行うこととなります。

<届けについて>(学生)
・必ず休む前に学科に連絡することが原則となります。
 ※学校での感染拡大を防止するための制度ですので、事前連絡でなければ他の人への注意喚起などが遅れ教育運営などに多大な影響が起こります。主旨をご理解ください。
・問題がなかった人は、事前に連絡をしている場合のみ、登校開始日すぐに所定の届け「公認欠席届」(本学WEBサイトよりダウンロード可)を担任に提出してください。
・新型コロナウイルス【陽性】の人は、「治癒証明書」(本学WEBサイトよりダウンロード可)または医師の発行する「診断書」を添付し「公認欠席届」と一緒に登校日初日に学科へ提出してください。

<感染判明時の本学の対応について>
本学では感染者の発生を確認次第、保健所と連携を図り指示に基づき以下の対応を行います。
〇保健所の指示にて学校が行うこと
・濃厚接触者の健康観察
・感染者および濃厚接触者の行動履歴に基づく学内建物を指定の期間閉鎖および消毒作業
・指定の建物での授業等の中断と、以後の授業の臨時休講を行う場合があります。
・状況により学校全体への立ち入り制限を行う場合があります。
・指示された期間の学校への通学・出勤を停止する措置を講じることがあります。
〇学校の判断として行うこと
・「学校保健安全法」第20条に基づき臨時休業等の措置をとることがあります。

ここまでの対応や基準は今後国からの要請やワクチンや特効薬の開発などによって変更される場合がありますが、その際はあらためて変更点について周知をいたします。
<学内感染対策について>
・各建物入口および共有スペースにアルコール手指消毒液を配置します。
 ※アルコールに過敏な方は使用を控えてください。
 ※アルコールが付着すると劣化や変性する物品がありますので注意してください。
・各トイレ(オストメイトを含む)に石鹸を配置しますので利用してください。
 ※感染対策は石鹸手洗いが最も重要です。
・各所に空間除菌剤空間除菌機(オゾン発生器)や空気清浄機を配置します。
 ※空間除菌剤(置き型)の移動や蓋の開閉は絶対に行わないでください。危険です。
マイクロ飛沫の拡散防止のため当面の間対面になる場所にはパーテーションを設置します。
・キーボード教室、PC教室、DTM教室などに簡易パーテーションを設置します。
・情報広場やコスモラウンジなどの机と椅子の配置を変更し、密にならないようにします。
 ※椅子の配置を変え密接状況にならないようにしてください。
・同スペースではPETパーテーションを置きリスク軽減の取り組みを行います。
 ※コロナ行動変容の「新しい生活様式」にならい、向き合っての飲食は避けてください。
・共有物(ドアノブ、ドア取手、エレベータボタンなど)の清掃を定期的に行います。
 ※共有物を触った後に目鼻口を触らないように常に注意をしてください。
・PC教室やDTM教室での授業の際は、オリエンテーション時配布のアルコール除菌シートを使用して、授業開始前にキーボードやマウスなどを各自拭いてから使用をしてください。
 ※絶対にモニター画面を拭かないようにしてください。
 ※ウエットティッシュは水溶性ではありませんのでトイレに流さないようにしてください。
 ※学科で必要な授業分について当初分(春学期分)について学校より配布をします。
・マスク除菌用に情報広場にUV-C除菌機を設置しますので必要に応じて利用してください。
 ※除菌機を触った後はアルコール手指消毒をしましょう。
・練習室や教室の貸出しを受けた時は、該当教室の利用手順に従って行動してください。
 ※特に換気については30分を目途に行うようにしましょう。
・学科の専用教室や機材、楽器については、学科の利用手順に従ってください。
・エレベータを待つ時やエレベータの中では会話を控えるようにしてください。
・学内にいる時は常にマスクを着用し、取り外す時は表面を触らないようにしてください。

<最後に>
現在学校が一番恐れているのは、未報告者からのクラスター発生です。休校の期間が長くなるなど教育への影響が増大することがないよう、体調不良の報告が平易に行える環境作りや、いじめやハラスメントの起こらない環境整備に今後とも努めますので、学生の皆さん、教職員の皆さま、最大限の協力をお願い致します。

過去に経験をしたことのない対応を手探りで行っている状況ではありますが、都度改善につとめ安心安全を第一に考え社会活動および教育活動が行えるように努めてまいりますので、引き続きご協力よろしくお願いします。

2020年5月25日

  

ニュース一覧へ

オープンキャンパス:参加申込み受付中

PageTop