2004.02.01

SHOBI

「献歌」をさせていただきました

画像(126x121)

SHOBI ボランティアセンターは、地元・文京区内の式典や行催事に積極的に参加させていただいています。先日 ( 2007 年 1 月 10 日 ) も、上野池之端で開催された「東京駒込ライオンズクラブ新年会」に演奏依頼していただきました。

今回は、1950 ~ 60 年代のスタンダードジャズ・ナンバーをはじめ、親しみやすいレパートリーを準備していたのですが、会場入りの際に、出演依頼を頂いた団体会員の方に突然のご不幸という哀しい知らせが。
式典は急遽、黙祷からスタートされることとなり、私たちは、哀悼の「献歌」をさせていただきました。
地域活動に参加させて頂いている長い活動歴の中でも、初めての経験でした。このような形での演奏には哀しみを伴いますが、音楽には葬送の為の作品もあります。音楽は生活の大切な要素であり、生活における様々な現実を受け止め、表現していくものなんだと改めて感慨を深くしました。
ハモンドオルガンの厳かな響きと、清澄な歌声が、会場の皆さんの想いを一つにすることができたように感じました。
“音楽と社会”・・・・・・・・・永遠のテーマです。

SHOBI ボランティアセンター 松井 恵史


  

ニュース一覧へ

オープンキャンパス:参加申込み受付中


PageTop