尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

2007年度全日本吹奏楽コンクール課題曲のすべて

SHOBI講師陣による課題曲講座

 

II. コンサートマーチ「光と風の通り道」(栗栖健一)

パート別ワンポイントアドバイス(フルート編/講師・渡辺 泰)

渡辺 泰この課題曲2は、短い序奏と主題とトリオから成る至ってシンプルな構成になっています。素材がシンプルがだけに、精度とリズム、フレーズの音楽性が問われると思って丁寧に練習してください。

冒頭3小節目3拍目のbの音、無くならないように(一般にスラーの最後の音は消えてしまいがちですよ ね。やり過ぎはもちろんご法度ですが、きちんと聴こえるように。)

[B] からのフレーズ、1,2拍目のシンコペーションの形と3,4拍目の8分音符の形との対比が出せるように。ビートを8分音符で意識して、それぞれのリズムの ビート感が一定になるようにすることと、発音の軽快さ、そしてフレーズの歌い方(4小節、もしくは8小節のフレーズとしてどう組み立てるか)、を気をつけるようにして下さい。

[C] からのリズム、16分音符が流れて先に行かないように。後に続く8分音符とバランスよく。
[D] のアウフタクトが走りがちになるのも注意したいところですね。それとトリオに入るAs-durの音階も乱暴にならないように。

[H] からのフレーズは都合3回も出てきますので少し丁寧に解説しましょう。
ポイントとしては「均等に音を出す」ことと「リズムの正確さと表情豊かな軽 快さ」です。

まず「均等に」の話ですが、このメロディから16分音符を省いた形で演奏してみて下さい。これだけでも音の上下が割と多いので、均質な音色で吹くのは難しいのではと思います。最初はゆっくりからで良いので、確実に全部の音が出せるようにして下さい。
その8分音符の形 に16分音符を加えるわけですが、スラーがついている16分音符が走らないように拍の頭を意識してインテンポで演奏できるように練習して下さい。

次 に「リズム」と「表情」ですが、前述の8分音符「だけ」の時の音の固さが、スラーの語尾なった時になくならないように気をつけて下さい。一般にタンギングして出した音はよく聞こえますが、息を十分に使っていないと途中の音が聞こえなくなりがちです。特に[ I ] の2小節目のような長めのスラーは登りきったEsの音に向かって吹けるようにフレーズの方向性を意識して下さい。
あと、4小節目のトリルは最初か らはっきりと聴こえるように(決してアクセントではなく!)発音・運指に気をつけて下さい。

【渡辺 泰プロフィール】
1990年桐朋学園大学音楽学部在学中に新日本フィルハーモニー交響楽団に入団し、ソロ・ピッコロ、フルート奏者として活動し現在に至る。新日本フィル等 と協奏曲の共演や新作の初演、室内楽、ソロ等の演奏活動も行っている。また、サイトウ・キネン・オーケストラ、スーパー・ワールド・オーケストラ、ジャパ ン・ヴィルトオーソ・シンフォニー・オーケストラ等へも参加。オーケストラ、吹奏楽の指揮・指導、レクチャーの講師等、幅広い活動をしている。