尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

2007年度全日本吹奏楽コンクール課題曲のすべて

SHOBI講師陣による課題曲講座

 

II. コンサートマーチ「光と風の通り道」(栗栖健一)

パート別ワンポイントアドバイス(トロンボーン編/講師・郡 恭一郎

郡 恭一郎冒頭は1番Trb.ははっきり吹きますが、強すぎないように。2番・3番になるに従い、気持ち大きめに吹いて、1番を支えるのが大事と思います。ゆっくり 小さめの音量から何回も合わせて、完全にハーモニーやサウンド、バランス、タイミングなどが整うようにしてください。(ハーモニーの合わせ方のコツはピッ コロマーチの項を参照) アクセントは舌+息の流れを大切に、破裂音にならないように。他の同じ動きをしているパートとも一緒にこまめにニュアンス合わせ の練習をしてください。アクセントは大事にしたいですが、インテンポで吹ける様に。程よいスピード感も欲しいですね。

[B] からは目立ち過ぎなくて良いですが、有る程度クリーンに歯切れよく。やはり3番は音色が重くなり過ぎないように。ポルタメントに気をつけて正確なスライ ディングとタイミングよいアタックを大事にしてください。意外に潜ってぼけやすいフレーズなので注意を。20小節目を綺麗にハーモニーさせましょう。オブ リガートの楽しさが出ると良いですね。

[C] のアウフタクトからは短時間で充分に息を取り、雄大、ワイドな良いフォルテで。やはり付点8分音符+16分音符の形を正確にかつセンスよく。28小節目の 3拍目までしっかり吹ききる事。比較的長いフレーズです。息切れしないように、呼吸の練習を積極的に日々の練習の中に取り入れるのも良いでしょう。ユニゾ ンを見事に揃えるのは結構難しいです。勿論ハーモニー部分も大事ですが、見事な低音楽器のユニゾンは聞いていて非常に気持ちがわくわくします。健闘を期待 します。36小節目からトリオに入る和声が綺麗に決まること。トリオの2小節間はしっかり目に主張し、dim. が早すぎないこと。

[F] からは裏方ですが結構シビアと思います。ハーモニー、バランス、タッチ、ニュアンスなど、良い仕事をしてください。作曲者の方のコメント通り、ビギンのリ ズムやノリを研究しても良いと思います。46と54小節目の終わりが綺麗に決まるように。

[J] からはTrp.のファンファーレを受けとめられるように、有る程度しっかりはっきり演奏しましょう。
[K] からはフォルテですが荒々しくならないように。
[L] の音量は指揮者の指示に委ねますが個人的には有る程度しっかり出して良いと思います。全体的にf のアクセントが重くなってしまわないように注意しましょう。

【郡 恭一郎プロフィール】
シエナ・ウインド・オーケストラ トロンボーン奏者及び理事。ムジカ・ムンダーナ・トロンボーンアンサンブル所属。日本トロンボーン協会常任理事。クラシックからジャズまで幅広い分野にお いて活動中。桐朋学園高校/大学音楽学部卒業。フランスでも学ぶ。第1回日本トロンボーン・コンペティション4重奏部門第1位。日本吹奏楽学会賞受賞。井手茂貴、三輪純生、小田桐寛之、神谷敏、イヴ・ドゥマール、向井滋春、鍵和田道男各氏に師事。
(※ 2007年時のプロフィールです。現在はSHOBI では指導されていません。)