尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

2011年度全日本吹奏楽コンクール課題曲のすべて

SHOBI講師陣による課題曲講座

 

I. マーチ「ライヴリー アヴェニュー」(堀田庸元)

パート別ワンポイントアドバイス(クラリネット編/講師・大浦綾子)

大浦綾子題名どおりの活き活きとしたマーチです。何度も出てくる16分音符と8分音符のテーマを良いリズム感で演奏したいですね。16分音符を少し後ろに詰めて吹けると躍動感が生まれます。・・・ところが,これがなかなか難しいところ。まずこのテンポで16分音符2つを切るには,かなりのタンギングの速さが必要です。そこでアドバイスですが,最初の音を舌ではなく息だけで発音してみてください。つまり,「タタタッタッ」ではなく「ハタタッタッ」とやるのです。そうすると16分音符2つを詰めて演奏できます。

[A] からのテーマの歌い方ですが,1小節目は先ほど述べたように休符をしっかり意識して16分は後ろに詰めた感じで演奏しましょう。ただし,他のパートとリズムを揃えてください。2小節目あたまの音を少しアクセント気味に吹くとフレーズ感が出ます。そして最初の3小節間に対して次の5小節間が答えとなるイメージで,強弱の差とともに音色も変わるといいですね。7小節目の4分音符はマルカートで演奏しましょう。

[E] からはレガートを意識して,クラリネットセクション内そしてサックスとも音程・表情を合わせてください。特に5小節目のソ♯と9小節目のラ♭は音程の合いにくい音ですからしっかり合わせましょう。

【大浦綾子プロフィール】
武蔵野音楽大学卒業及び東京芸術大学大学院修了。在学中、東京文化会館推薦音楽会に 出演。第55回毎日音楽コンクール(現:日本音楽コンクール)クラリネット部門入選。第6回日本管打楽器コンクールクラリネット部門第2位入賞。 1990年フランスに留学。 1992年パリ12区コンセルヴァトワールを審査員全員一致の1等賞を得て卒業。帰国後、第9回日本管打楽器コンクールクラリネット部門第3位入賞。第63回日本音楽コンクールクラリネット部門入選。2001年より東京佼成ウインドオーケストラ クラリネット奏者。尚美ミュージックカレッジ専門学校講師。