尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

2011年度全日本吹奏楽コンクール課題曲のすべて

SHOBI講師陣による課題曲講座

 

I. マーチ「ライヴリー アヴェニュー」(堀田庸元)

パート別ワンポイントアドバイス(オーボエ編/講師・市原 満)

市原 満Brioso(元気良く、陽気に)と表記された、活き活きとした楽しいマーチ。8分音符、4分音符ともにスタッカートが付いていなくても、短めで軽やかに表現するのが原則。
息が入りやすく、クリアな発音&タンギングができるリードを使用することがポイント。

■冒頭のF-Gトリルのフィンガリングは、Fを左Fキー使用。
フィンガリング
右人さし指&中指でトリル。これが一番音程良く、スムーズにトリルができる。

■[A] のこのリズム形(随所に登場)。16分音符はダブルタンギングを使用すると軽快さが表現できる。シングルタンギングだとちょっと重いかもね。
譜例

■Trio中間部、[F] の前は8分休符でブレスをしたら乗り遅れるぞ。1小節前の2拍目でブレス、8分休符で舌をリードにあててセッティングしておくと、タイミングはバッチリ。[F]6小節目も同様に(※1拍目ウラから出る時は全て同じこと)。
譜例
もう1つ…、D♭が高くならないように要注意。

■[G] 8小節目の16分音符は、息をしっかり入れてクリアに。D♭‐E♭は右小指をスライドさせずに、必ず左E♭キーを必ず使うこと。
フィンガリング

■ラストのF-GトリルはA♭からまず右F(ノーマルF)、すぐに左Fキーに替えて、冒頭F-Gトリルと同様に。
譜例
フィンガリング

オーボエは残念ながらオプション扱いだけど、オーボエの音色が加わることで全体の響きがしっかりした豊かなサウンドになるから、p~mpでもしっかり主張して、存在をアピールしよう!

【市原 満プロフィール】

トランペットを北村源三、北川晋、故金石幸夫の各氏に師事。80年東京芸術大学音楽学部別科修了。同年オーボエに転向。似鳥健彦氏に師事した後、81年ドイツに留学。ベルリンでハンスイェルク・シェレンベルガー(ベルリンフィル首席)、ミュンヘンで故マンフレッド・クレメント(バイエルン放送響首席)の各氏に師事。86年帰国後、多数のリサイタル、ソロコンサートを開催。NHK-FMリサイタル出演等ソロの他、木管五重奏団「アマデウス・クインテット」を主宰、活発に演奏活動を行っている。また全国各地で、吹奏楽コンクール、アンサンブル・コンテスト等の審査員や吹奏楽講習会、オーボエクリニックの講師を務める他、「バンドジャーナル・MANちゃんの木管アンサンブルの楽しみ(現在連載中)」の連載等執筆活動も行い、多方面で活躍している。
玉川大学芸術学部講師、尚美ミュージックカレッジ専門学校講師、日本オーボエ協会常任理事。

市原満公式ホームページ:http://ichihara-man.com/