尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

2011年度全日本吹奏楽コンクール課題曲のすべて

SHOBI講師陣による課題曲講座

 

I. マーチ「ライヴリー アヴェニュー」(堀田庸元)

天野正道先生・佐藤正人先生・渡辺由美子先生による鼎談

天野―― 小編成対応の曲で、少し速めのコンサートマーチ。形式もちゃんとしているし、音域も無理がない。 オーケストレーション、素晴らしい。ラインもわかりやすくなっているね。

佐藤―― スコアの作曲者のメッセージにもある「バランス、強弱、構成、キャラクター、対比をいかに表現するか」が大事。聞いている人に明確に伝わるようにしたいです。

天野―― 和音を聞くとポップスのように聞こえるけど、ポップスの音の処理にしてしまうとマーチではなくなってしまうので気をつける。作曲者は、表情記号、最小限しかない部分が多い。

佐藤―― 全体に表現の意思統一が必要。小編成に対応しているので、多くのバンドができそう。楽器編成が揃っているバンドも、オプション楽器のない演奏の響きを確認すると良いですね。

天野―― 形としては、序奏・第1マーチ×2 → 第2マーチ → 第1マーチ再現部 → 少し長めのTrio×2 → [G] ブリッジ → グランドマーチになっているね。

佐藤―― 導入部のファンファーレは、アーティキュレーションやリズムを合わせるのは、聴いている以上に難しい。付点のリズムや、連続するスラー・スタッカートが転ばないように。楽器だけでなく、息だけでも練習するとブレスの使い方をつかめる。

渡辺―― ここのバスドラムやシンバルは音量やタイミング、大事です。

佐藤―― 短い音にもハーモニー感が必要ですね。全体でもテンポを落として、音は長めにして響きを確認。 ダイナミクスは、最初にff と書かれているだけですね。

天野―― 音楽的には同じということはないよね。

佐藤―― そうですね。トリルや低音の持続音は4小節と7小節に向かって演奏。[A] は印象的ですね。

天野―― 4分の2拍子のマーチだけど、[A] の最初の3小節は4分の3拍子の組み合わせに聞こえるね。

佐藤―― はい。[A] は、リズムの形とスラーの形との対比をきちんと出す。Cl.・Sax.は両方演奏しているから、Fl.やシロフォン、Trp.・Euph.がリズムの形をしっかりと演奏すると良いですね。

天野―― 大編成で演奏する場合、[A] の3~5小節目は、和音のバランスを取らないとFの音が多くなってしまうから、ホルンの1番・3番を少し出して、Fの人は少し抑えてp~mpくらいがバランス良い。

佐藤―― 伴奏はシンプルに書かれていて、演奏の指示が最小限になっているので、 きちんと考えて演奏することが大事。決めのところの四分音符と八分音符スタッカートの部分は、四分音符が長すぎないように演奏。23・24小節と「 < 」がある37~40小節に向かって若干クレッシェンドする感じで。

天野―― [B] に入って、Hrn.とT.Sax.、Alt.Cl. の対旋律を出すようにするといい。この楽器の組み合わせはすごくいいが、バランス的に聞こえにくい場合もあるかもしれないので気をつけたい。

佐藤―― 第2マーチはフレージングに注意して演奏。セオリー通りに作られている。音程の取りにくい音があるので、確実に合わせたいです。f と mp のコントラストにも気をつけたいですね。特にmp へ の変化が出しにくいので、木管は飛び込まないように丁寧に。追いかける対旋律は遅れないように。

渡辺―― 打楽器には初めて2分音符が出てくるので、2分音符に向かってクレッシェンドするようにして演奏すると良いです。

佐藤―― [D] の1小節前は二分音符と低音のバランスを取らないと聞こえにくいので、2分音符の音の処理は 抜いて演奏したほうがいい。

天野―― [D] からの対旋律とのバランスにも注意。テーマは最初に出てきているから、新しく出てきたトロンボーンがしっかり演奏するといい。

佐藤―― 同じ第1マーチでも、ここは木管のスラーの部分の音量がf のままで変わっていない(4小節目にmf に落ちない)。ニュアンスは最初と同じく変えたほうが自然。対旋律もニュアンスは第1マーチのように。[D] の後半はTrioに向 かっていく感じでff が印象的になるように演奏すると良いです。

渡辺―― 打楽器も管楽器の曲想を意識して一体感を持って。ここはバンドの腕の見せ所ですね。

佐藤―― Trioの1拍前はアクセントとテヌートもついているから、転ばないように。転調を意識。

天野―― [E] からは美しくespress.でテンポを感じて演奏する。

渡辺―― スネアのビート感は大事です。粒をそろえるのは結構神経使います。

佐藤―― レガートでも伴奏を意識して停滞しないように。

天野―― ここも演奏の指示はあまりなくて、表現は奏者に任されている。

佐藤―― ユーフォニアムはmpでも色が変わるようにしっかり表現したいですね。オブリガートとメロディーの歌い方が掛け合いになるように。

天野―― 184小節目1拍目のコードはF7(♭9)。バランス注意かな。

佐藤―― 和音合わせたいですね。[G] アウフタクトの低音は、1拍目の8分音符とフレーズを分けて明確に聞こえるように。[G] のファンファーレは、楽器の組み合わせと197小節へ向けての方向性を意識。

天野―― 203小節までのcresc. 3拍子系の第1主題のstrettoの持って行き方大事。

渡辺―― 伴奏と打楽器のビート感を合わせて。

佐藤―― [H] の2小節前は、四分音符にアクセントがついているところからrit.とcresc.すると良いですね。 特にサックスとホルンがしっかり吹く。

天野―― [H] はオブリガートが第1テーマをやっていて、メロディーがTrioの形。

佐藤―― それぞれラインを合わせる。マルカートで音は長めに。219小節目からのクレッシェンドは到達 点に注意する。f - ff fの変化も大事ですね。

天野―― うん。ずっとf のままやff のままということはないね。表情必要。

渡辺―― 打楽器も管楽器のアーティキュレーションを意識して自分のパートを演奏すると良いです。B.D.と シンバルは曲を歌いながら、音量に気をつける。

佐藤―― 最後の4小節は決め所なので思い切って。着地の8分音符のアクセントまで安定感は欲しいですね。

佐藤―― ありがとうございました。