尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

2011年度全日本吹奏楽コンクール課題曲のすべて

SHOBI講師陣による課題曲講座

 

I. マーチ「ライヴリー アヴェニュー」(堀田庸元)

パート別ワンポイントアドバイス(テューバ編/講師・国木伸光)

国木伸光作曲者の解説には「伴奏群にはマーチということで最小限の指示しか書いておりません」とあります。これは、伴奏群からの積極的なアプローチを求めていて、それにより曲全体の抑揚・メリハリが出てくるということです。メロディーに合わせるのではなく自分達からノリを出していく様にしましょう。

冒頭の部分ではしっかりとブレスを取り、豊かな音量&響きが出る様に心掛けましょう。また、6小節目・7小節目の8分音符のスタッカートは決して短くなりすぎない様に注意して下さい。8小節目の8分音符は発音をハッキリさせるようにしっかり息を入れる様にしましょう。またff→mfのデクレッシェンドが明確になると良いでしょう。

[A] 4分音符は発音をはっきりと息の初速に注意して、音の長さよりも発音&息のスピード(音のスピード感)に注意して演奏しましょう。

[C] スタッカートに注意して下さい。特にスラーの後のスタッカートは音を飲み込まない様にしっかり響かせましょう。13小節目からの4分音符下降型のクレッシェンドは、ダイナミクスレンジの幅を利かせましょう。15小節目の4分音符は短くなり過ぎない様しっかり響かせて下さい。

[E] 木管低音とのバランスに注意して下さい。またクレッシェンド・デクレッシェンドが書いてある所は大げさに。書いていない所でも、メロディーの抑揚に合わせた音楽作りが大切です。

[G] 1小節前からのfはアクセントが十分に感じられる様に、音のスピード感&発音に注意して演奏しましょう。4小節目&8小節目のタイの音は短めにし、響きが次の音にかぶらない様にしましょう。9小節目からのテヌートは一段階小さくmfになりますが、発音をしっかりクリアになる様に心掛けて下さい。

[H] 2小節前からのrit.はアクセントを生かしながらも音の響き・長さに注意して下さい。
[H] からはf→ffとダイナミクスが変わりますが、単に音量だけではなく、息のスピード(音のスピード感)を意識して演奏しましょう。

最後の8分音符は決して力みすぎず、音を遠くに飛ばすイメージで終われると良いですね。

【国木伸光プロフィール】
北海道生まれ。10歳よりトロンボーンを始め、13歳からテューバを始める。高校在学中、ハーヴィー・G・フィリップスコンクール、アンサンブル部門に於いて 第1位を獲得。高校卒業後、東京コンセルヴァトアール尚美(現・尚美ミュージックカレッジ専門学校)に入学。専門・音楽社会研究・ディプロマの各コースに進学。卒業演奏会に出演。
卒業後、フリー奏者として、オーケストラ、 ブラスアンサンブル、ミュージカル等にて活動中。スタジオ録音(TV・CM等)、各種イベント(世界都市博プレビュー等)をはじめとし、さまざまなジャンルに於いて活動している。NHKの人気番組、『おかあさんといっしょ・ファミリーコンサート』に出演。 1997年、静岡市に於いて、デュオリサイタルを行い好評を博す。 2000年、韓国 済州島アンサンブル・フェスティバル に招待され、コンサートを行い好評を得る。また、同フェスティバルに於いて行われた国際コンクールの審査員を務める。 テューバを佐野日出男・多戸幾久三の両氏に師事。
現在、ブラスアンサンブル・ルスティーク、VIVID BRASS TOKYO、 The Premire Brass Japan 、TUBA GROUP S's、TADウィンドシンフォニーのメンバーとしてクラシックからジャズ・ポップス・ラテンなど、ジャンルにとらわれず 演奏活動を行っている。 2011年度より尚美ミュージックカレッジ専門学校講師。