尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

2011年度全日本吹奏楽コンクール課題曲のすべて

SHOBI講師陣による課題曲講座

 

II. 天国の島 (佐藤博昭)

パート別ワンポイントアドバイス(トランペット編/講師・本間千也)

本間千也

[A] からの2分音符は、mpですがはっきりとしたアタックで演奏しましょう。

[D]~[F] のメロディーは、レガートで美しく流れるように演奏したいですね。[D] 1拍目にはリップスラーが含まれています。日頃のリップスラーの練習の成果を活かしましょう!
3パートがほぼユニゾンですので、ミス無く確実に演奏できるようにしっかりと練習してください。

50小節目のファからレへのスラーが難しいですね。「ファからレへ昇る」ではなく、「ファからレへ帰る」というイメージで練習しましょう。「気持ちが先にレに居て、音をファから迎え入れる」です。ソルフェージュですね!

[G] の1番トランペットのソロはストレートミュートなので、上のソの音程がより一層高くなりやすいです。[G] 前2小節の休みでミュートをつけてチューニングスライドの調節もするのは時間的に不可能ですので、ソロ担当者は[F] を過ぎたらすぐチューニングスライドを調節しておきましょう。

2番トランペットは4小節の休みでハーマンミュートをつけてチューニング調節も出来るように取り付けの練習もしましょう。
ハーマンミュートは重くて落ちやすいので、付ける前にベルの内側に暖かい息をハァ~と吹きかけてから付けると落ちにくくなります。本番で焦って落としている場面を沢山見たことがありますので、ぜひ気をつけてくださいね!

[ I ] はトロンボーンとのアンサンブルが大切です。音形やバランス、rit.のかけ方をしっかりアンサンブル練習してください。

【本間千也プロフィール】
1970年新潟県佐和田町(現:佐渡市)生まれ。13歳でトランペットを始める。佐 和田中学校・新潟県立佐渡高等学校・東京コンセルヴァトアール尚美(現:尚美ミュージックカレッジ専門学校)卒業。尚美在学中、東京ジュニアフィル ハーモニックオーケストラに入団。1995年、アジアユースオーケストラのツアーに参加。
1997年、シエナウインドオーケストラに入団。2007年6月~2008年3月、神奈川フィルハーモニー管弦楽団特別契約団員。2009年1月、東京佼成ウインドオーケストラ入団。
他 には、VIVID BRASS TOKYO(ブリティッシュスタイル金管バンド)、THE BRASS(金管8重奏)などの室内楽、ミュージカル、オーケストラ客演、ソロ活動、スタジオ録音などの多彩な演奏活動を行っている。東京ミュージック& メディアアーツ尚美非常勤講師。神奈川大学吹奏楽部、青山学院大学学友会吹奏楽バトントワリング部トランペットトレーナー。
トランペットを杉木峯夫(東京芸術大学教授)、津堅直弘(NHK交響楽団首席Tp奏者)、Edmund Cord(インディアナ大教授、元イスラエルフィル首席Tp奏者)の各氏に師事。室内楽を、稲川榮一(Tuba奏者)、佐野日出男(Tuba奏者)の各氏に師事。