尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

2011年度全日本吹奏楽コンクール課題曲のすべて

SHOBI講師陣による課題曲講座

 

V.「薔薇戦争」より 戦場にて(山口哲人)

パート別ワンポイントアドバイス(クラリネット編/講師・大浦綾子)

大浦綾子5拍子で2小節単位のリズムが,緊張感・不安感などを表していますね。演奏する側も曲の性格をよく把握したいものです。

2小節目,2nd clのラのトリルは,上管右サイドに4つ並んだトリルキィの1番上を使ってください。
4小節目のような,付点を含んだ3連符のリズムが何度も出てきますが,このリズムはとても重要です。最初の音はマルカートですが,遠くへ飛ばすイメージで。

[A] の4拍目はよく揃えましょう。タイの行き着いた音(4拍目あたま)を全員が意識することが大切です。この音は短めに切っていいと思います。

[C] の5小節目のようなテヌートの連続は,音と音の間を少し開けます。音がつながってしまわないように気をつけましょう。
[D] からはBass cl.の演奏するこのリズムが全体を支配します。固く短く鋭い発音で緊張感を表現してください。
[E] からは各パートがバランスよく鳴っていることが大切です。どこかのパートだけが聞こえるのでなく,和音のかたまりが聞こえるようにしましょう。

[G] の2小節前の装飾音符は,できるだけ詰めて。ほとんどオン・ザ・ビートでいいでしょう。[G] の1小節前は難しい運指が続きますが,大事なのは[G] のあたまをキメることです。意識はそちらに向けてください。

[H] の前の3連符は,テンポが速くて舌が追いつかないかもしれませんが,できるだけ真ん中の音を後ろに詰めた演奏を心がけてください。[H] はこのテンポでリズムどおりの音を入れるのはほとんど不可能。トリルだと思っていいでしょう。ただし,2小節目5拍目の5連符はしっかり揃えましょう。

[J] からはスラースタッカートですから,スラーでもスタッカートでもなく,軽く舌をついてください。
ラストに向けてはBass cl.がとても重要。dim.しても音の短さ鋭さ&緊張感を無くさないようにしましょう。

【大浦綾子プロフィール】
武蔵野音楽大学卒業及び東京芸術大学大学院修了。在学中、東京文化会館推薦音楽会 に出演。第55回毎日音楽コンクール(現:日本音楽コンクール)クラリネット部門入選。第6回日本管打楽器コンクールクラリネット部門第2位入賞。 1990年フランスに留学。 1992年パリ12区コンセルヴァトワールを審査員全員一致の1等賞を得て卒業。帰国後、第9回日本管打楽器コンクールクラリネット部門第3位入賞。第 63回日本音楽コンクールクラリネット部門入選。2001年より東京佼成ウインドオーケストラ クラリネット奏者。