尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

2011年度全日本吹奏楽コンクール課題曲のすべて

SHOBI講師陣による課題曲講座

 

V.「薔薇戦争」より 戦場にて(山口哲人)

パート別ワンポイントアドバイス(トランペット編/講師・本間千也)

本間千也

曲全体にわたってトランペットのサウンド、金管セクションのサウンドがとても問われる楽曲です。いい音色・発音・ハーモニーで力強く重厚なサウンドを奏でたいですね。

1小節目のリズムは正確に揃えましょう。Maestosoですので軽くならないように気をつけてください。
3小節目は3拍めからdim.ですので、2分音符分は4度音程の積み重ねの透明感のある響きを美しい音色のフォルテで保って響かせてください。

4小節目はすべてアクセントが付いています。すべての音を均一に力強く演奏しましょう。しかしアタック任せの乱暴なアクセントにならないよう気をつけてください!

[A] の16分音符は、グロッケンやフルートで奏されてきた円運動を連想させる3連系のリズムと明確な対比を感じさせるよう、スクエアなリズムではっきりと演奏しましょう。
12小節目の8分音符はテヌートアクセントを大切にし、14小節目のリズムは正確なリズムで3つを均等に演奏してください。
24小節目は、音程とリズムを正確に合わせましょう。トロンボーンに少し大きめに吹いてもらって、トロンボーンに合わせるつもりで演奏したほうがよいと思います。

[D] からの長い伸ばしの中でのcresc.とdim.の際に、音程が乱れぬよう注意しましょう。音程が合わないから1パート削って1人で演奏するという技は使わないようにしてくださいね!

[F] 3小節目の2拍目は遅れやすいリズムです。タンギングもシングルではかなり厳しいので、「ta-kata」のタンギングを使うとよいでしょう。 51・52小節目の2番トランペットの音程は難しいですね。3番スライドを操作せずに1番スライドを抜くとよいでしょう。

[G] 以降、速いタンギングでの強奏のパッセージが続きます。決して乱暴なアタックやタンギングで吹き散らかさないように、くれぐれも注意してください!冷静さを保ち常に美しい音色と丁寧なアタックと音色で演奏するように心がけましょう。

[ I ] のパッセージは、シングルタンギングで均一に演奏しましょう。
速いパッセージをタンギング付きで演奏する際の注意ですが、発音の前にきちんとピストンが押されていないとちゃんと音になりません。ピストンの押し方や、押す速さをチェックしましょう。指使いが発音よりも一瞬先行しなくてはいけません。
ピアノとは違い、発音と同時に押すのでは間に合いませんから注意しましょうね!

80~82小節目、音程と音色が粗くなりがちな場面です。冷静さを保ち、いい音色・音程を心がけてください。2番トランペットを中心に合わせるようにアンサンブルしましょう。

[J] からはフォルテ3つですが、ユニゾンですので、一人ひとりの音量よりも、音程や音色のアンサンブル重視で金管セクションの重厚なサウンドを作ってください。

【本間千也プロフィール】
1970年新潟県佐和田町(現:佐渡市)生まれ。13歳でトランペットを始める。佐 和田中学校・新潟県立佐渡高等学校・東京コンセルヴァトアール尚美(現:尚美ミュージックカレッジ専門学校)卒業。尚美在学中、東京ジュニアフィルハーモ ニックオーケストラに入団。1995年、アジアユースオーケストラのツアーに参加。
1997年、シエナウインドオーケストラに入団。 2007年6月~2008年3月、神奈川フィルハーモニー管弦楽団特別契約団員。2009年1月、東京佼成ウインドオーケストラ入団。
他 には、 VIVID BRASS TOKYO(ブリティッシュスタイル金管バンド)、THE BRASS(金管8重奏)などの室内楽、ミュージカル、オーケストラ客演、ソロ活動、スタジオ録音などの多彩な演奏活動を行っている。尚美ミュージックカ レッジ専門学校 非常勤講師。神奈川大学吹奏楽部、青山学院大学学友会吹奏楽バトントワリング部トランペットトレーナー。
トランペットを杉木峯夫(東京芸術大学教授)、津堅直弘(元NHK交響楽団首席Tp奏者)、Edmund Cord(インディアナ大教授、元イスラエルフィル首席Tp奏者)の各氏に師事。室内楽を、稲川榮一(Tuba奏者)、佐野日出男(Tuba奏者)の各氏に師事。