尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

2012年度全日本吹奏楽コンクール課題曲のすべて

SHOBI講師陣による課題曲講座

 

II. 行進曲「よろこびへ歩きだせ」(土井康司)

パート別ワンポイントアドバイス(クラリネット編/講師・大浦綾子)

大浦綾子堂々とした行進曲です。作曲者が「Pregando(祈るように)」という表情を指定したトリオとの対比が印象的です。

まず冒頭3小節目、このような音型は難しいですが、リズミックに軽さを出して演奏してください。3連符が間延びしないようにしましょう。また、ここのアーティキュレーションは正確に演奏したほうが効果的です。次の8分音符までスラーにならないように注意しましょう。

[A] からは堂々としたテーマが始まります。ポイントは最初の8分音符と次の4分音符の表情です。8分音符はしっかりスタッカートで切れていること、そして次の4分音符との間に十分な「溜め」があることです。それからマーチでとても重要なのが、A4小節目のような8分音符二つの“キメ”のリズムです。このリズムがすべってしまう団体のなんと多いこと!! 二つがくっついてしまわないようにリズムを締めてください。

[B] 8小節目からは、2nd Fl.&2nd Cl.から始まり木管全体でバランスの良いクレッシェンドをしていきたいので、周りの音をよく聴きながら自分の出るダイナミクスを感じ取ってください。

[D] からのトリオは、6小節フレーズでできていますが、そのため少しグレゴリオ聖歌のような雰囲気を持っています。それぞれが聖歌隊になったつもりで、美しいハーモニーをつくってください。6小節のフレーズが4つありますが、「起承転結」でつくるといいでしょう。ダイナミクスは変わっていませんが、3つめのフレーズは少し積極的に歌っていいと思います。そして、横の流れも大事ですが、一音一音の縦のハーモニーをぜひとも合わせてください。

【大浦綾子プロフィール】
武蔵野音楽大学卒業及び東京芸術大学大学院修了。在学中、東京文化会館推薦音楽会に 出演。第55回毎日音楽コンクール(現:日本音楽コンクール)クラリネット部門入選。第6回日本管打楽器コンクールクラリネット部門第2位入賞。 1990年フランスに留学。 1992年パリ12区コンセルヴァトワールを審査員全員一致の1等賞を得て卒業。帰国後、第9回日本管打楽器コンクールクラリネット部門第3位入賞。第 63回日本音楽コンクールクラリネット部門入選。2001年より東京佼成ウインドオーケストラ クラリネット奏者。尚美ミュージックカレッジ専門学校講師。