尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

2012年度全日本吹奏楽コンクール課題曲のすべて

SHOBI講師陣による課題曲講座

 

II. 行進曲「よろこびへ歩きだせ」(土井康司)

パート別ワンポイントアドバイス(オーボエ編/講師・市原 満)

市原 満Maestosoの表記で4分音符=96指定のとてもマーチらしいマーチ。雄大でどっしりとした雰囲気は、久しぶりに課題曲にマーチの真髄登場~!って作品だね。オーボエはオプション扱いだけど、しっかり主張して演奏することで全体のサウンドがクリアで豊かな響きになるから、「よろこび」を満喫できるぞ!

冒頭3小節目のウラ拍3連符クリアに表現するコツは「ブレスの位置とスピード」をちゃんと決めること。前の小節の2拍目で素早いブレス、タメを入れて、拍頭の8分休符でリードに舌をあててセッティングすることでテンポピッタリ、発音はバッチリだ。ウラ拍から出る時は8分休符であわててブレスしないで、前拍で吸って準備をしておくことが大切。

20小節目からフルートとオクターブユニゾン。オクターブ下のオーボエはフルートを支えてあげるようにしっかり。逆にフルートはそれにのって楽に吹こう。

[C] からの旋律はE♭クラリネット、B♭クラリネット、アルトサックス、トランペットとユニゾンだから、がんばらないで気楽に、一番美しい音色で演奏すること。みんなで音程合わせするより、個々が心地よいイントネーションで表現できるようにすることが大切。チューナーを使って一つ一つの音を合わせても美しい旋律にはならないので、チューナーは基本の音程合わせだけに使うことをオススメする。

[D] からはいわゆるTRIO。調号はそのままだけど、A→A♭だからEs-Dur、下属調に転調するときは、あたたかく柔らかい雰囲気で。ちなみに属調(5度上)に転調したときは明るく軽やかな感じ。旋律は6+6小節単位のフレーズ。12小節ワンブレスで吹くつもりで長いフレージングが美しく自然な流れを表現できる。

ラストの「F-G」トリルは左Fキーで右人さし指&中指を動かすと音程はバッチリ!

【市原 満プロフィール】

トランペットを北村源三、北川晋、故金石幸夫の各氏に師事。80年東京芸術大学音楽学部別科修了。同年オーボエに転向。似鳥健彦氏に師事した後、81年ドイツに留学。ベルリンでハンスイェルク・シェレンベルガー(ベルリンフィル首席)、ミュンヘンで故マンフレッド・クレメント(バイエルン放送響首席)の各氏に師事。86年帰国後、多数のリサイタル、ソロコンサートを開催。NHK-FMリサイタル出演等ソロの他、木管五重奏団「アマデウス・クインテット」を主宰、活発に演奏活動を行っている。また全国各地で、吹奏楽コンクール、アンサンブル・コンテスト等の審査員や吹奏楽講習会、オーボエクリニックの講師を務める他、「バンドジャーナル・MANちゃんの木管アンサンブルの楽しみ(現在連載中)」の連載等執筆活動も行い、多方面で活躍している。
玉川大学芸術学部講師、尚美ミュージックカレッジ専門学校講師、日本オーボエ協会常任理事。

市原満公式ホームページ:http://ichihara-man.com/