尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

2011年度全日本吹奏楽コンクール課題曲のすべて

SHOBI講師陣による課題曲講座

 

III. 吹奏楽のための綺想曲「じゅげむ」(足立 正)

パート別ワンポイントアドバイス(パーカッション編/講師・渡辺由美子)

渡辺由美子打楽器の活躍する曲で腕がなりますね!

まず、この曲はチューニングが大切だと思います。下からB.D.→Timp.→3Toms→S.D.とできるだけ立体的になるようにチューニングを工夫しましょう。(もちろん楽器のサイズによって変わってきますが・・・)
Tom.が学校にない場合は、ドラムセットのTom. 2つとF.Tom.でも演奏できます。Tom.のセッティングは (a) か (b) が演奏しやすいでしょう。

図

それから、テンポの速いこの曲をスマートに演奏するために、四分音符=160で基礎練習をしましょう。特に十六分音符4つは念入りに。
Tri.は、リズムをタイトに表現できるように大きすぎない物を使い、ひもやクリップもしっかり調整します。(指でしっかり握れるように)
S.cym.は、16~18インチで立ち上がりの速いクラッシュタイプをTom.の近くに、18~20インチなどの倍音がしっかり出る物をB.D.の近くにセットしましょう。
全体のセッティングもS.D.とTri.を近くにするとアンサンブルしやすいと思います。

冒頭のTom.は、指揮者の3拍目をしっかり見て、ブレスをして入ります。
S.cym.とB.D.はバランスが大切ですね。打楽器全体がfとなっていますが、全てにアクセントがついているような音ではなく、良い音で四分、八分、十六分音符が立体的に見えるように演奏しましょう。

[A] からは、変拍子となりますが、メロディーを歌いながら自分のパートを刻めるようにすると良いでしょう。
[B] のTamb.は鈴の鳴りを考えて鋭く演奏すること。
[C] からのXylo.は硬めのマレットでバンドに輪郭をつけましょう。

[D] のGlock.は、硬くても良いですが、低音もしっかり音程がみえるようなマレットにしたいですね。
31小節目の小太鼓は金管楽器の音のスピードを意識し楽器のセンターを叩くと良いでしょう。
33小節目のGlock.は、下の音からC、F、C、と演奏します。手順はLRRでアルペジオで演奏します。

[E] 、[G] のGlock.は、メロディックに演奏しましょう。息で吹いているイメージです。
[H] 打楽器アンサンブル、p スタートですがタッチをしっかりし、弱奏でも推進力がなくならないように、四分音符=160のビートに乗って演奏しましょう。

63小節目のB.D.は、60小節目からのベースのメロディーを感じタイミング良く叩きます。裏の革を左手で押えて右手はセンターを振りかぶり過ぎずにタイトに叩きます。表の革も叩いた場所を押えるとしっかりと音が止まります。
Tamb.も管楽器のアーティキュレーションを考慮し奏でましょう。

65小節目のS.cym.は、スティックと指示があります。
ロールは美しい粒を印象つけるために、チップで、良く響くエッジあたりを叩きましょう。[ I ] の頭は響きとアタックを重視したいので、エッジをショルダーでシャーンと叩くことをお勧めします。

図

69小節目は、緊張感を出すために動きをなくしましょう。(チューニングや、マレット持ち替え等)

[J] Timp.の音がG♭と低いですが、良い音でかつ音符のビートがしっかり客席に伝わるように工夫しましょう。
87小節目Tri.は、高音木管と合奏前にアンサンブルして管楽器のニュアンスで演奏できるようにしておきましょう。
95小節目のsffz は、しっかりと決めますが、良い音で。歌舞伎役者が床を足でドン!!と踏みならすイメージです。

98小節目S.cym.はC.cym.が入っていますので、二人で上手くアンサンブルをしましょう。
ラストは、落語の落ちです。しっかりと決めて音楽を締めましょう。

Timp.は4台で演奏できます。楽器の釜のサイズによって同じ音でも、かなり音質が変わりますので、どの楽器で演奏するか研究をしましょう。また、釜のサイズによってタッチに変化が必要となりますので、手首や腕を上手く使いバランス良く奏でましょう。

【渡辺由美子プロフィール】
静岡県出身。尚美ミュージックカレッジ専門学校、東邦音楽大学附属東邦高等学校、埼玉県立松伏高等学校音楽科打楽器講師。2002年高知国体音楽講師。
2006-07年バンドジャーナル誌ワンポイントレッスンを担当。ブレーン株式会社刊行Winds DVD「上達が実感できる“基礎合奏”」、「2007課題曲合奏クリニックDVD」「2008課題曲合奏クリニックDVD」、ジャパンライム株式会社刊行「中学生バンドの運営と音づくりDVD」、株式会社ユニバース刊行「吹奏楽サウンドアルバムDVD」の各打楽器指導及び監修。2009年Japan Band Clinic 打楽器講師。自ら主催するDiscussion of Percussion"Q21"では、天野正道 作品集「ストラトス4」のレコーディング、池野成メモリアルコンサートで「ディベルティメント」を初演する。日本打楽器協会会員。日本管打・吹奏楽学会会員。ソナー・ドラムス SQ2 クラシカルアーチスト。