尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

2013年度全日本吹奏楽コンクール課題曲のすべて

SHOBI 講師陣による課題曲講座

 

III. 復興への序曲「夢の明日に」 (岩井 直溥)

パート別ワンポイントアドバイス(サクソフォーン編/講師・原 博巳)

原 博巳タイトルの通り、明るく、力強く演奏したい作品ですね。速度変化が多く、いささか複雑なハーモニーが登場するので、音の立ち上がりを素早く、そして音の処理をシャープにして、展開をはっきりさせましょう。また旋律、伴奏、ハーモニー等の役割の違い等のバランスを取るために、強弱記号がセクション毎に違って書かれているので、一人ひとりがスコアを見て、全体の構造を確認できると、より緻密な演奏ができるでしょう。

冒頭のバリトンはトロンボーン、テューバ等と一緒ですが、どちらかというと木管的な響きと軽さを意識して、アルト、テナーは小さな音の際、音量を小さくするだけではなく、音色を太く、柔らかく変化させる意識もできるといいですね。
[A]13小節目、アルトとテナーのグリッサンドは、それ自体が際立ちすぎないように、到達した四分音符に重みを乗せましょう。
[C]からのフガートは、後から追いかけるパートの方が主張を強く。
[E]1小節前からのアルトのソロは、後々展開されていく大事な旋律ですが、印象に残るよう、演奏者の個性もしっかり出して自由に歌いたいですね。アルト2nd、テナー、バリトンは甘味な音色でソロを後押ししましょう。
[H]2小節目3拍目のアルト、テナーのテヌートは、その音に重みを乗せてタンギングを柔らかく、全体のフレーズは全速力に軽快に演奏したいですね。

パート別ワンポイントアドバイス"動画編"

【原 博巳プロフィール】
東京に生まれ、幼少から神奈川県鎌倉市で過ごす。 東京ミュージック&メディアアーツ尚美(現 尚美ミュージックカレッジ専門学校)、東京藝術大学音楽学部別科を首席で修了。サクソフォンを服部吉之、冨岡和男の両氏に師事。
1996年 第13回日本管打楽器コンクール サクソフォン部門第一位、2002年 第3回アドルフ・サックス国際コンクール第一位(日本人初)
2003年 アメリカのミネソタ州ミネアポリスに於いて開催された第13回ワールド・サクソフォン・コングレスに参加、2006年はスロベニアのリュブリャナで開催された第14回同コングレスではジェローム・ラランと共に鈴木純明作曲「2つのソプラノサクソフォンの為のアンチエンヌ」を世界初演、また閉幕コンサートではスロベニア警察音楽隊と共にアンドレ・ウェニアン作曲「アルトサクソフォンと吹奏楽のための二つの断章」を演奏し好評を博した。
2004年 神奈川フィルハーモニー管弦楽団の演奏会にソリストとして出演し、エイトール・ヴィラ=ロボス作曲「ファンタジア」、ポール・モーリス作曲「組曲『プロヴァンスの風景』」を共演。
2007年 フランスのパリ、キャプヴェルンの2箇所で演奏会とマスタークラスを開催し、2008年には東京の浜離宮朝日ホールに於いて野原みどり(ピアノ)と共に株式会社野中貿易主催による邦人現代作品からフランス近代作品を集めたリサイタルを開催、その中で鈴木純明作曲「アルトサクソフォンの為のスフルスティック」を世界初演し注目を集めた。また同年 台湾の嘉義市で開催された吹奏 楽祭「2008嘉義市國際管樂節」に招かれ、ジェローム・ララン、ティボー・カナヴァル、大石将紀らと共に四重奏で参加し高い評価を得た。
2004年4月から1年間、音楽之友社から刊行されている「バンドジャーナル」の誌上にある「ワンポイントレッスン」を執筆する。1999年にはラジオ「NHK-FMリサイタル」に2度出演、2008年 NHK-FM「名曲リサイタル」に出演した。

CDはこれまでに伊藤亜希子(ピアノ)と共に「森の静けさ」を、伊藤富美恵(ピアノ)と共に「PCF」を、そして野原みどり(ピアノ)、橋本晋哉(テューバ)、久保智美(オンド・マルトノ)らと共に「レチタティーヴォ・ファンタジア」をそれぞれカフアレコードからリリースしている。

教育活動は2003年4月から洗足学園音楽大学、洗足学園高等学校を、加えて2005年4月からは母校である尚美ミュージックカレッジ専門学校で後進の指導にあたっている他、2008年 第25回日本管打楽器コンクール、 2010年 第5回アドルフ・サックス国際コンクールの審査員を務めた。


ツイート