尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

2013年度全日本吹奏楽コンクール課題曲のすべて

SHOBI 講師陣による課題曲講座

 

IV. エンターテインメント・マーチ (川北 栄樹)

パート別ワンポイントアドバイス(コントラバス編/講師・小室昌広)

小室昌広行進曲を演奏する場合、しっかりとした足踏みを演出するように、勇ましく演奏するのが、コントラバスの常套手段ですが、この曲では「エンターテインメント」と銘打ってあり、メロディーも行進というよりは気楽に歩く趣があります。行進曲というよりはポップな音楽のスタイルを演出できると楽曲の色彩感が新鮮なものになるでしょう。

ピッツィカートはジャズのテイストに近い、余韻の長い音を目指しましょう。弦に置いた指を指板になすりつけて、弦を麺棒を転がすイメージで手繰りよせていき、弦がもとに戻る力で指から離れるようにすると、ジャズ風のピッツィカートが演奏できます。このとき指板に親指を付けると、弦を引き付けやすくなり、力強く伸びのあるピッツィカートとなります。

練習記号[A]の2・3小節目、練習記号[B]の1・2小節前など、音に動きがあるところは「見せ場」と思って、他の場所より「張り切って」演奏しましょう。聞き手の視線がコントラバスにくれば、音も聞かせることができます。

半音で上がっていくところも、良く余韻を作って、音の変化を明らかにしていきましょう。

練習記号[C]などに現れる低音楽器のフレーズは、普通なら勇ましく激しく「戦闘体制」で挑みますが、エンターテイメント性を考えると、軽快で気楽な雰囲気がよいと思います。2拍遅れて入ってくるトランペットなどとのバランスも良くなるでしょう。パレードの情景などを想像するとよいでしょう。弦に乗った弓に重力を感じずに羽のように動かしましょう。

4分の2拍子にタイで入る音がアップになると、シンコペーションの感覚が鈍ります。その直前の2音を連続してアップで弾くなどして。タイの音をダウンで弾けるように工夫して、打楽器のアクセントとシンクロしましょう。

私が推奨している「ブラス・チューニング」(As・Es・B・F)は、この曲でも効果を発揮します。随所に長い音で現れる低いFは解放弦となり、他の管楽器と共に明るい響きを作ります。そもそもブラスの楽曲でコントラバスの最低音Eを使うことが稀なのです。

ブラス・チューニングのためにin Desで移調するとA-Dur、トリオがD-Durとなります。幾分難しいパッセージも出てきますが、弦楽器は基本的に調号がシャープのほうが演奏しやすいです。

またFやBなど良く使われる音(管楽器の基本音)が楽器の共鳴する音となり、楽器自体が良く鳴るようになります。

【小室昌広プロフィール】
1989年、東京芸術大学卒業。1992年同大学大学院音楽研究科修士課程修了。コントラバスを加藤正幸、永島義男の各氏に師事。L.シュトライヒャー、F.ポシュタ、F.ペトラッキの指導も受ける。作・編曲、指揮も手掛け、その作品は 東京交響楽団等で演奏されている。都内すべてのプロオーケストラでの経験をもち、東京ゾリスデンアンサンブル・オブ・トウキョウなどの室内楽団でも演奏する。草津、倉敷、宮崎などの各音楽祭に出演。東京芸術大学及び尚美ミュージックカレッジ専門学校講師。