尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

2014年度全日本吹奏楽コンクール課題曲のすべて

SHOBI 講師陣による課題曲講座

 

IV. コンサートマーチ「青葉の街で」 (小林 武夫)

パート別ワンポイントアドバイス(オーボエ編/講師・市原 満)

市原 満この課題曲を選ぶ団体は結構多いかも。演奏時間約2分半というのは心惹かれるよね。
マーチにしては珍しく、オーボエがオプションではないのは、僕らにとってはうれしい。
でもソロ的旋律はなく、ほとんどどこかのパートとユニゾンだけど…。

冒頭序奏の16分音符は走らないようにするためには、4拍目の頭をしっかり意識してとらえることが大切。個人練習時に4拍目の音でタンギングしてスラーを分けるととらえやすい。フィンガリング的には、左人差し指ハーフホールのスムーズな動きも重要ポイント。スライドさせるのではなく、指先を支点にした回転運動だ!
9~12小節の旋律。2拍目から3拍目のタイはしっかり4拍子の原則に則って3拍目をとらえるとフレーズは長く自然に表現できる。
[B]の16分音符も冒頭部分と同様の練習方法で拍ごとにタンギングしてスラーを分けるとすべらないようになる。フィンガリング自体は難しくないけど、甘くみてはいけないね。
[C]。フルート&E♭クラリネットとユニゾンで軽快なパッセージ。1拍目の8分休符をしっかりタメを入れて突っ込まないのがピタリ合わせられるポイント。ここのフィンガリングはやっぱり左人差し指ハーフホールのスムーズな動きが重要。「A-C♯」、「A-D」は特によく練習しよう。
「A-B♭」トリルは4拍目で減衰しないように、しっかりテンションを保つとフレーズを作りやすい。
[F]のcantabile(歌うように)は過剰なヴィブラートは無し。素朴に流れる美しい旋律を奏でると「粋」。
[G]、5小節目の16分音符「C#-D#」は左E♭キーを使うこと。絶対に右小指をスライドさせてはダメ!
[H]の旋律はバスーンのオブリガートを聴きながら演奏すると、バランスはバッチリ。バスーンを引き立てようとpにしすぎると逆に固くなってしまうので要注意。
ラストの16分音符は前記した拍ごとにタンギングしてスラーを分ける練習で正確に音を並べるとピタリ合うはず。もちろんオーボエだけでなく他パートもこの練習をやってみよう!

【市原 満プロフィール】

トランペットを北村源三、北川晋、故金石幸夫の各氏に師事。80年東京芸術大学音楽学部別科修了。同年オーボエに転向。似鳥健彦氏に師事した後、81年ドイツに留学。ベルリンでハンスイェルク・シェレンベルガー(ベルリンフィル首席)、ミュンヘンで故マンフレッド・クレメント(バイエルン放送響首席)の各氏に師事。86年帰国後、多数のリサイタル、ソロコンサートを開催。NHK-FMリサイタル出演等ソロの他、木管五重奏団「アマデウス・クインテット」を主宰、活発に演奏活動を行っている。また全国各地で、吹奏楽コンクール、アンサンブル・コンテスト等の審査員や吹奏楽講習会、オーボエクリニックの講師を務める他、「バンドジャーナル・MANちゃんの木管アンサンブルの楽しみ(現在連載中)」の連載等執筆活動も行い、多方面で活躍している。
玉川大学芸術学部講師、尚美ミュージックカレッジ専門学校講師、日本オーボエ協会常任理事。

市原満公式ホームページ:http://ichihara-man.com/