尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

2011年度全日本吹奏楽コンクール課題曲のすべて

SHOBI講師陣による課題曲講座

 

II. 天国の島(佐藤博昭)

天野正道先生・佐藤正人先生・渡辺由美子先生による鼎談

天野―― 日本風な印象が強いです。かなりソロが重要。

佐藤―― ピッコロは能管や篠笛のようなイメージでしょうか。テンポ感で吹くというより、旋律の節回しの歌い方でアピールしたいですね。冒頭のクラベスのソロはインパクトほしいです。

渡辺―― たとえば拍子木で演奏したりしても良いのでしょうか…。ボンゴはスティックで演奏、とは書いていないので手でも叩いても良いと思います。

佐藤―― ボンゴやフロア・トムの指定を和太鼓で演奏しても良いか、ということですね?これは連盟に確認必要ですね。最初の八分音符は、ハーモニーが出せるように。テンポ63へ向かっていくように演奏する感じ。

天野―― ハーモニーはE♭m9(+C)とE♭m6 on G♭の二種類のコードの変化。音の構成は一緒。E♭ドリアからA♭を抜いたスケールと考えてもいいね。使っている音はE♭・F・G♭・B♭・C・D♭。メロディーもこの音を使っているね。

渡辺―― ボンゴは2つ使うのでピッチの設定を工夫したいです。マラカスのswirlは「渦巻き」。渦を巻くように回すということです。

佐藤―― 間の取り方やテンポの変化で聴いた印象かなり違ってきますね。

天野―― そう。[A] からのソロも少し和風テイストになっている。こぶし、というか歌い方で個性出るね。

渡辺―― フロア・トムは、スネアの人がやる等、番手(担当)を工夫すると良いかもしれません。楽器のセッティングも、バスドラムとフロア・トムを並べる、バスドラムを寝かせて同じ人が演奏する、などできますね。

佐藤―― ダブルリードのソロは、日本の民謡的な「歌」で2重唱になっている。(代案の)サックスでも良い雰囲気が出せると思います。

天野―― イントロからE♭から始まる感じだったけど、[A] の4つ前からはルートがFに変わる。で、[A] からはFマイナー系とナポリ…半音上のG♭メジャー系のハーモニーが交互に出てきてオシャレになるね。昭和30年代に日本で流行ったビッグバンドのような。昭和の日本映画の音楽でも使われた雰囲気ですね。

渡辺―― カップミュートのベルトーンやスレーベルは、雅楽のイメージですか。日本の楽器を使わないで表現できるのが良いですね。

天野―― 前半は、和音を2つくらいに限定して使っているのが特徴かな。

佐藤―― [B] のメロディーの歌い方は、思い切って表現しても良いかもしれない。多少、感じ方で好き嫌いあるかもしれませんが。楽器の組み合わせ、音色面白いです。

渡辺―― ウインドチャイムは効果的ですね。[C] のクラッシュシンバルはp で演奏するのは難しいです。結構命がけ(笑)

佐藤―― ここは、管楽器の掛け合いや打楽器とのアンサンブル大事。ダイナミクス変化やアーティキュレーションも細かく指示されているので練習のポイントですね。[D] のメロディー、Trp.のユニゾンの歌い方、結構難しいなぁ。対旋律やメロディーの掛け合い、バランスも注意しないと。アーティキュレーションも大切に。

天野―― 表情の指示はあまり書いてないので奏者に任されている。伴奏のハーモニーはポップス系。ホルンのみで動いているところ、聞こえるように。ユーフォニアムの音域に近いのでバランスも注意。個々がポイントだね。

渡辺―― [F] の2小節前のスネアドラムはトランペットやホルンのニュアンスで。

佐藤―― [F] からCl.とFl.、レガートのSax.、スネアドラムのRim、タイミングしっかり合わせたいです。

天野―― [G] の前の16分音符の掛け合いは、バランスに注意。「バラバラ」しそう。T.Sax.→Bass.Cl.→B.Sax.→Bass.Cl.のアンサンブル力が必要。[G] はメロディーとオブリガートのバランスに注意。

佐藤―― Sax.とHrn.のラインが旋律ですね。

天野―― そうだね。Sax.とHrn.を出すように音量が設定されているから、そのあとから考えても四分音符の動きが主旋律。Trp.がオブリガート。

佐藤―― Trp.1・2番の掛け合いは、ストレートとハーマンミュートの音色の違いを出したいです。

佐藤―― [G] からも音量の設定以外に曲想の指示がないので、表現はメリハリほしいです。

天野―― そうだね。 [H] の前のホルンは[G]~[H] のメロディーの受け渡しになっている。

佐藤―― ここも比較的自由に演奏して良いですね。

渡辺―― この曲は、打楽器2パートがセットで動くことが多いですね。[H] のヴィヴラフォンは琴のように。モーターの回転数でも印象変わってきます。

佐藤―― [H] の旋律の受け渡しや歌い方も聴かせどころです。82小節から前向きに。ここのテンポ設定は[ I ] から重たくなりすぎない速さが良いです。

天野―― ここからテンポ132へ入るところはバンドの機動力の見せどころ。

佐藤―― [ I ] は、ラインを分けて練習すると良いです。テンポ132の部分へ、特にTrp.がつながるように。rit.でタイミングを取るために間延びしないように。87小節目に入る瞬間の切り替えは、良く練習しないと。

天野―― Senza tempoの部分は和風!

佐藤―― [J] も結構タイミング合わせるのは指揮もバンドも気を使う感じ。97小節の弱奏からの盛り上げも。

渡辺―― S.D.がドキドキです(笑) 最後のドラは短くならないように。でも時間が心配ですね。

天野―― そのまま自由曲につなげるとか?(笑)

佐藤―― (笑)ありがとうございました。