尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

2011年度全日本吹奏楽コンクール課題曲のすべて

SHOBI講師陣による課題曲講座

 

III. シャコンヌ S(新実徳英)

パート別ワンポイントアドバイス(フルート編/講師・渡辺 泰)

渡辺 泰基本的には調性とテンポ、和声進行が一定の曲ですから、その中で変化させること・させないことの区別をしっかりつけて演奏したいですね。音楽全体の流れをしっかり把握して、自分のパートに書かれている役割をしっかり意識して演奏しましょう。

[3] からは2小節ずつ小さな< > がついていますが、フレーズがは小節ですので全体の流れが2小節ずつで切れないように。特にディミニュエンドで小さくなりすぎないように気をつけて。6小節目の小さな< > も、それだけが変化しないように、あくまでも自然な音楽の流れの中での表現になるように気をつけて下さい。

[4] からは8小節すべてで同じ音(!)で書かれていますが、和声は変化していますよね?
[5] のPicc.、2ndの付点4分音符は金管の4分音符と長さが一緒にならないように。役割が違いますよ。

[8] からはBassの進行をよく聴いて!1小節目と5小節目とでは全体の響きはまるで違いますよ。
[8] から[10] は見事に半音進行…と思いきや、2ndの2小節間から3小節目が全音ですね(大切!)。

[11] からはメロディの表情にあった"A"を。作曲者が表情記号を書かないのは「何もしない」 という意味ではなく、音楽的に常識的なことは「書かなくても演奏する」と考えているのだと思います。また、最後の5度の音程はあくまで単調の響きで。

【渡辺 泰プロフィール】
1990年桐朋学園大学音楽学部在学中に新日本フィルハーモニー交響楽団に入団し、ソロ・ピッコロ、フルート奏者として活動し現在に至る。新日本フィル等と協奏曲の共演や新作の初演、室内楽、ソロ等の演奏活動も行っている。また、サイトウ・キネン・オーケストラ、スーパー・ワールド・オーケストラ、ジャパン・ヴィルトオーソ・シンフォニー・オーケストラ等へも参加。オーケストラ、吹奏楽の指揮・指導、レクチャーの講師等、幅広い活動をしている。