尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

2011年度全日本吹奏楽コンクール課題曲のすべて

SHOBI講師陣による課題曲講座

 

III. シャコンヌ S(新実徳英)

パート別ワンポイントアドバイス(パーカッション編/講師・日比一宏)

日比一宏冒頭のVib.は、いろいろな和音の取り方がありますが(2人で連弾するのもアリ)、片手に2本持つ場合は、白鍵と黒鍵を跨がないようにするとよいでしょう。[1] からはCl.、[2] からはHr.パートと同じ動きになるので、音量のバランスを上手くとって演奏しましょう。
S.Drの手順ですが、[5] からは、R LRLR LRLRLRLRLとなりますのが、もしリズムが不安定になるようであれば、[3] は、R RLR  LRL [4] はR RLR LRLR LRLとすると良いでしょう。
[10] 4小節目のCymb.で、ossia two plate rollとありますが、これは「両手に持った2枚のシンバルを、円を描くように擦り合わせる。」ということです。ただし、クレッシェンドの効果は、あまりありません。効果ということで言えば、timp.の人がSus.Cymb.を用意して、ロールをした方が効果的です。(ただし、連盟の演奏規定上どうなのかは分かりません。)
最後の小節のl.v.は、フランス語のlaissez vibrer(響かせる、余韻を残す)の略です。全休符が書かれていますが、フェルマータの間は音を止めないようにしましょう。

【日比一宏プロフィール】
武蔵野音楽大学卒業、同大学院修了。98年バリオホールにてリサイタルを行う。 87年東京吹奏楽団ティンパニー奏者となる一方、国内外のオーケストラ、吹奏楽団に出演。現在、尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科専任講師、東京学芸大学音楽科非常勤講師。主な著書に「中学・高校生のための管打楽器入門」(東亜音楽社)等がある。