尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

2011年度全日本吹奏楽コンクール課題曲のすべて

SHOBI講師陣による課題曲講座

 

IV. 南風のマーチ(渡口公康)

パート別ワンポイントアドバイス(コントラバス編/講師・小室昌広)

野崎和宏(解説内では、ボウイングの記号を、n→ダウン、v→アップで表記します。)

2小節からの2小節間の長い伸ばし音はnで弾き始め、途中でvに返しましょう。拍点ちょうどで返すと聴き手に返し目がわかりにくくなります。

4小節はnnvvnvnvと弾きます。付点音符による弾みのあるリズムにおいて、付点音符に続く短い音は弓を返すより、同じ方向で短い弓の量で弾くほうが演奏しやすいです。短い音は、次の拍の音の前に「引っ掛ける」ように音を置き、前の付点音符とは切り離してしまいましょう。5小節もn vvnvnvとします。

8分音符と8分休符が交互に現れるところでは、弓を勢いよく使って、休符の時点で弓が止まっているといいでしょう。弓は弦の上に常に柔らかく置かれているようにしましょう。

8分休符のところでは、ホルンやスネアドラムが音を出していますが、これを聴き過ぎると自分が音を出す間合いが判らなくなります。あくまでも自分な出した音の間に聞こえてくるという意識で演奏しましょう。聞こえてくる音が少し遅れているように感じることはあるでしょうが、程よいテンポで安定して弾いていて、全体が何事もないように演奏していれば、リズムは噛み合って「聞こえている」と判断して、その感覚に慣れてしまうと、推進力のある弾き方が出来るでしょう。

[C] 2小節目はnvnnvとして、4拍目の8分音符を[C] のアウフタクトと同じようにnで始めましょう。3拍目4分音符は少し短く処理します。フレーズが切れない程度で、弓を少し手元側に戻せるようにします。

[E] からの2分音符はただ音を伸ばしていると、全体としては強拍のビート感が希薄になります。少し弾きはじめにアクセントを入れ、伸ばしている間を薄い音にします。鐘の音のような表情を作ってみましょう。

[F] 以降はPizz.とarcoを短い時間で変えなくてはいけません。これを素早く行うには、Pizz.のときに弓の持ち方を変えずに人差し指だけをはじくためにのばし、arcoを演奏しているときとなるべく変わらないように、弓の先は駒の向こう側に残します。この形からですと、はじいた勢いでそのままarcoの姿勢が出来ます。pizz.のときに弓をだらりと垂らさないようにしましょう。

[ I ] の1小節前に現れる2音スラーの後に点のある表記は、1音目を次の音まで伸ばしてしまえばnvで弾いたほうが、うまく表現出来るでしょう。

[ J ] 1・3小節はnnvnv、4小節は意外にnvnvnvnvがよいでしょう。

【小室昌広プロフィール】
1989年、東京芸術大学卒業。1992年同大学大学院音楽研究科修士課程修了。コントラバスを加藤正幸、永島義男の各氏に師事。L.シュトライヒャー、F.ポシュタ、F.ペトラッキの指導も受ける。作・編曲、指揮も手掛け、その作品は 東京交響楽団等で演奏されている。都内すべてのプロオーケストラでの経験をもち、東京ゾリスデンアンサンブル・オブ・トウキョウなどの室内楽団でも演奏す る。草津、倉敷、宮崎などの各音楽祭に出演。東京芸術大学及び尚美ミュージックカレッジ専門学校講師。