尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

2011年度全日本吹奏楽コンクール課題曲のすべて

SHOBI講師陣による課題曲講座

 

IV. 南風のマーチ(渡口公康)

パート別ワンポイントアドバイス(クラリネット編/講師・大浦綾子)

大浦綾子胸がキュンとするような,青春そのもの!という感じの爽やかな曲ですね。メロディーを伸びやかに歌いましょう。

冒頭16分音符の連なる音型は,指の転びやすいところです。リズム練習などでしっかり音を並べてください。最終的には4小節目に到達する感じが出せるといいですね。そして4小節目の付点のリズムは3連符のようにならないよう,後ろに詰めて演奏しましょう。

[A] からクラリネットのメロディーが始まります。付点4分音符は毎回伸びのある音で。意外と見落としがちなのがアーティキュレーションです。スラーが分かれていたら(キツくない)タンギングをして,アーティキュレーションはしっかり守ってください。[C] の2小節前の8分音符は何も書いていませんが,スタッカートで演奏しましょう。

[D] の1小節前ですが,[A] や[B] と同様に,最後の3つの音がアウフタクトになりますから,しっかりフレーズを分けてください。
トリオからは流れるような旋律ですね。mpですがたっぷりと息を使って歌ってください。特に[G] の2小節前を強調できるといいですね。そして[G] の3小節目からはマルカートの雰囲気を匂わせ,4小節目4拍目は完全にマルカートに戻ってください。

[H] からは1音低い調になっていますが,クラリネットにとっては響かせにくいシ♭が頻繁に出てくるので,そこをどのくらい明るくクリアーに響かせるかが鍵となってきます。
そこでアドバイスです。シ♭のときに下記のトーンホールを一緒にふさいでみてください。音が抜けるようになりますよ!







【大浦綾子プロフィール】
武蔵野音楽大学卒業及び東京芸術大学大学院修了。在学中、東京文化会館推薦音楽会 に出演。第55回毎日音楽コンクール(現:日本音楽コンクール)クラリネット部門入選。第6回日本管打楽器コンクールクラリネット部門第2位入賞。 1990年フランスに留学。 1992年パリ12区コンセルヴァトワールを審査員全員一致の1等賞を得て卒業。帰国後、第9回日本管打楽器コンクールクラリネット部門第3位入賞。第 63回日本音楽コンクールクラリネット部門入選。2001年より東京佼成ウインドオーケストラ クラリネット奏者。