尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

2011年度全日本吹奏楽コンクール課題曲のすべて

SHOBI講師陣による課題曲講座

 

IV. 南風のマーチ(渡口公康)

天野正道先生・佐藤正人先生・渡辺由美子先生による鼎談

佐藤―― では課題曲4番を見ていきましょう。

天野―― 前半はマーチの形で作られている。少し予期しないコード進行があるなぁ。

佐藤―― メロディーは親しみやすいですね。テンポ指定に幅があるので、設定によって曲の印象が変わる。バンドが最も演奏しやすい速さを試してみると良いですね。

天野―― そうだね。後半、作曲者のアイディアがあってマーチとしてのセオリー通りではないな。調性は、曲全体でB♭→TrioでE♭→[H] でA♭と変化していく。

佐藤―― 序奏のファンファーレや4・5小節目のリズムの音の処理、アクセントやスタッカートのニュアンスを上手く出せるかがポイントですね。

天野―― 強弱の指示も最小限なので奏者の個性出るね。第1マーチの歌い方、これはいろいろ考えられる。

佐藤―― クラリネットだけで開始される[A] からのメロディーは、フレージングを確認して、自然に聴こえるように歌いたいですね。メロディーはわかりやすいのですが、スタッカートのアウフタクトのあと、レガートなのか、はっきり吹くのか、アーティキュレーションの指示がないところが解釈次第で変わってきますね。たとえば、歌詞があって、それに合わせたアーティキュレーションのような感じです。伴奏はシンプルですね。

天野―― ここでバンドの力がすぐわかる。

佐藤―― [B] はオブリガートとハーモニーのバランスに注意。ここも、アーティキュレーションや音の処理で聴いた印象がかなり変わります。表現は、奏者の意思が伝わるようにしっかり演奏したいですね。

天野―― 中途半端な印象にならないように。[B] はハーモニーと旋律や対旋律は音域近いので、バランス注意しないと。

佐藤―― 第2マーチ、メロディーはフレージングを統一すること。少しG、F、Fisの音程が、旋律の進行上取りにくいかな。しっかり合わせたいですね。伴奏のハーモニー最後、微妙な変化。打楽器は2分音符狙う感じですね?

渡辺―― はい、表情ほしいですね。シンバルとバスドラムのバランスはいつも一緒に練習して一体感持って。

佐藤―― [C] 前半のff とmp のコントラストは明確に。[D] 1小節前は、フレージングを確認して合わせて。

天野―― ここは、バラけやすいね。

渡辺―― [D] の4小節目、Glocken音の処理が少し難しいので、良く練習しましょう。Fl.とも合わせて。

佐藤―― Trioの2小節前から音楽をマルカートに変化させる。少しクレッシェンドしていく感じ。Trioアウフタクトの四分音符テヌートでクレッシェンドして8分音符アクセント。そのあとのFl.とCl.のパッセージは印象的ですね。ここはしっかり吹くと良いです。

天野―― そうだね。全体的に、いかに自然に聴こえるようにするかがポイント。

佐藤―― Trioは、本当に歌詞のある曲のような良い節ですね。(一同うなずく)メロディーの歌い方、ここは聞かせどころです。

渡辺―― [E] は、リズムを刻む打楽器がいなくなり(残念)トライアングルのみになるので、打楽器を下手側に配置する時は、小物はなるべく管楽器の近くにセッティングすると良いです。

佐藤―― [F] からクラリネットが加わるので、音色の変化が見えるように。伴奏のビート感も変わりますね。

渡辺―― TrpとGlocken掛け合い面白いです。音域低いのでマレット等で音色を研究したいです。

天野―― [F] ハーモニーが転回している形になっているね。ハーモニーとメロディーのバランスに気をつけた方がいいかな。

佐藤―― [G] はおしゃれな感じ。1小節前メロディーの2分音符の余韻が残ると、トロンボーンの3拍目の和音とぶつかるので音の処理注意です。フルートのソロとホルンのテンポ感合わせたいですね。3小節目からマルカートに変化。[H] に向かってmf<f の変化もラインが絡んでいるのでそれぞれの動きを確認して合わせたいです。63小節はrit.しているような効果があって面白いです。

渡辺―― ここはTimp.の音替えが少し多いので、確認しましょう。Glockenは、音の処理、手順を考えないとテンポが速いので少し大変かもしれません。

佐藤―― ここから管楽器は3つのラインはしっかり聞こえるように。練習も分けてお互いの動きを確認して演奏できるようにしたいですね。特にオブリガートのバランス注意。

天野―― [J] 1小節前、Trb.とEuph.がぶつかってしまうところがあるので、バランスの取り方でカバーするしかないかな。

佐藤―― 79小節からの掛け合いも少しバランス工夫必要ですね。f →mfと変化していって[ I ] で全員がf 。そこからまたmf に落として、すぐクレッシェンドがあってf に。ラスト2小節は、mf <ff と、最後まで音楽に動きがあるので、多彩に演奏したいですね。[J] も掛け合いの動きが見えるよう演奏したいです。86小節はmf が全員Gの音なので、かなり落としてからクレッシェンドする感じです。ff アクセントの着地も音が開かないように音色気をつけて。

渡辺―― 打楽器もずっと同じ音量ではなく、表情ほしいです。

佐藤―― 打楽器のアクセントで演奏に色付けするのもアイディアですね。

佐藤―― ありがとうございました。