尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

2012年度全日本吹奏楽コンクール課題曲のすべて

SHOBI講師陣による課題曲講座

 

I. さくらのうた(福田洋介)

パート別ワンポイントアドバイス(フルート編/講師・渡辺 泰)

渡辺 泰とても繊細で美しい曲ですね。それ故に和声感や音色、全体のバランスに気をつけながら豊かで自然な演奏ができるように心がけてください(…と、こう書いてみてとても大変そうに感じるかも知れませんが、本当はどの曲にも必要な事でしたね)。

冒頭のピッコロ、いきなり難易度高めです。2小節目の和声のイメージをもってアウフタクトを演奏出来ると良いですね。また、最初のFとEsから戻ってきたFの音程が異ならないように気をつけてください。
3小節目、前の小節の響きをしっかりキープしていないとホルンとのバランスが悪くなるので気をつけて。

[A] から、8小節のフレーズですが、編成が薄いので、ブレスで大穴が開かないように。ブレスをとる手前の音の長さと音量のコントロール(不用意にdim.しないように)がしっかり出来るようにしたいですね。

[A] 10小節目をはじめ、何度か出てくる"プラルトリラー"ですが、発音とフィンガリングのタイミングを正確にコントロールしないときちんと聴こえないので気をつけて(1st Fluteを例にすると、Es〜F〜Esとなるべき所が最初のEsが鳴らずにF〜Esとなってしまうetc…)。
また、トリラーは拍の手前に出ないように、拍の頭に付けられるように。トリラーを付けない形で練習して、それを崩さないようにできるようにしてください。

全体に長いフレーズをたっぷりと歌う所が多いのですが、[E] の5小節目からのような音型の8分音符の長さは短くならないように。また同じ音が重なっているところは、後の音の発音をしっかりおこなわないとタイで繋がっているように聴こえますので上手くコントロールしてください。

[H] は2ndが聴こえるように他のパートはバランスに気をつけて。また2ndの人は「大きな音」ではなく、「きちんと鳴っている良い音」で演奏できるように。決して力んだり、強く吹いて無理矢理に大きく吹いてはだめですよ。ここは"p"ですから。

[J] の1小節前の32分音符は正確に8分音符の中に4つづつ入るように。ゆっくりから丁寧に練習してください。

【渡辺 泰プロフィール】
1990年桐朋学園大学音楽学部在学中に新日本フィルハーモニー交響楽団に入団し、ソロ・ピッコロ、フルート奏者として活動し現在に至る。新日本フィル等と協奏曲の共演や新作の初演、室内楽、ソロ等の演奏活動も行っている。また、サイトウ・キネン・オーケストラ、スーパー・ワールド・オーケストラ、ジャパン・ヴィルトオーソ・シンフォニー・オーケストラ等へも参加。オーケストラ、吹奏楽の指揮・指導、レクチャーの講師等、幅広い活動をしている。