尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

2012年度全日本吹奏楽コンクール課題曲のすべて

SHOBI講師陣による課題曲講座

 

I. さくらのうた(福田洋介)

天野正道先生・佐藤正人先生・渡辺由美子先生による鼎談

佐藤―― この曲は、一度聴いたら口ずさみたくなるような、親しみやすく美しい作品ですね。オーケストレーションはとても繊細です。小編成にも対応しているので、多くのバンドが挑戦できそうです。先生方の印象は?

天野―― 美しい曲。テンポ感がゆったりしていて、(曲想の)大きな変化はあまりないです。日本人が苦手にしている6/8だね。リズムの扱いも難しい。時々でてくる「間」も大切。

渡辺―― テンポは少し重く感じます。

佐藤―― 速度設定は、初めにAndante cantable(四分音符=56~60)とあるだけですね。[D] Grazioso、 [F] Poco calmato、 [G] Poco a poco con moto、 [H] Cantable、 [ I ] Con moto などの変化をどのように表現するかで、全体の印象がかなり変わりますね。曲の部分で変化して良いですね。

天野―― そう。速度変化やリズムの扱いでも曲の印象が変わるね。

渡辺―― 打楽器は最初のグロッケンが大切。全体に打楽器は音楽の流れの中で演奏することが要求されますね。
(→「パート別ワンポイントアドバイス/パーカッション編」もご参照ください。)

天野―― たくさん出てくる、プラルトリラーも印象として大事。

佐藤―― 声で歌える速さで演奏することがポイント。全体のビート感が希薄になって印象がぼやけないようにしたいです。作曲者のメッセージにもある「歌う」ことも大事ですね。表情記号は最小限しか記されていない部分が多いので、「どのように歌うか」を揃えたいです。

天野―― アーティキレーションの扱いも大事だね。ダイナミクスも p mp mff だけじゃなく、変化と統一感を出したいね。

渡辺―― 最初のところ、ピッコロとトライアングル、グロッケンは配置的に近くがいいです。楽器の選択も大事。小物が多いので音色のイメージを持って演奏することが大切です。リズムのところの効果音的な要素が多い。

佐藤―― [A] のメロディを歌ってみて、そのテンポ感を持って導入部のピッコロやトランペット、ホルンのソロ、 p の伴奏のアンサンブルを演奏すると安定感でますね。みんながグロッケンの周りに集まって練習するのも良いですね!実際練習すると [A] のところが、少し音ぶつかって聴こえますね?

天野―― うーん、楽譜じゃなくてグロッケンの余韻の影響かな。

渡辺―― 最近のグロッケンはペダルがあるものがあるので、和音の変わり目を踏みかえられると解消するかもしれません。マレットの選択も実際に聞いてみないと…余韻は、楽器の選択も大事。

佐藤―― サクソフォーンは少し吹き難い音域があるかな。

天野―― テナーがうまい具合にカヴァーしないと。

佐藤―― (たとえば [E] のメロディーなど)6/8の拍節感の中で、タイの後の8分音符を揃えたいですね。

天野―― フレージングの扱いで印象が変わるでしょう。

佐藤―― 小編成ですが、ファゴットやコントラバスが大事な音を持っていますね。

天野―― 両方ないとかなり音色的に違うかもしれない。

佐藤―― この曲はコンデンスコア見ればわかりますが、セクションの受け渡しが多くて、アンサンブル がすごく重要。フレーズ受け渡しが大事です。[C] や [K] も、木管から金管へのフレーズの受け渡しは、打楽器も含めて、楽器を超えたアンサンブルがあるので、その楽器が集まって練習すると良いです。

天野―― あれ、31小節からのトランペット、なんでスラーなんでないんだろう?

佐藤―― 使い分けているのでは?アーティキレーションの変化も表現する上で大事ですね。

渡辺―― そうですね。この曲は(パート譜だけでは)打楽器のフレージングが分かりにくいので、スコアを見て、特に33小節~、管楽器と練習して合わせてもらうと良いです。手順も考えたいですね。

佐藤―― 転調している [F] [G] [ I ] の響きの変化を感じることも大事。

天野―― [F] の最初のハーモニーが普通の三和音じゃないから、あまり変わった感じがしないね。曲の最後はピカルディ終止。

佐藤―― 渡辺先生、W.Chimeは上からですか?

渡辺―― 場面で使い分けます。指示がなければ通常は上から下ですが、沢山あるので、速度、上下、強弱等… ポイントポイントで使い分けます。[D] のタンバリンもしびれますね。フルートと伴奏を意識しながら。

天野―― [B] と [D] は違いをはっきり分かるようにしたほうがいい。

佐藤―― [D] は弦楽器のピッチカートを意識して練習すると良いかな。コントラバスで全部の音を弾くと…A♭は高いか。

渡辺―― [E] も伴奏形が変わっていてタンバリンの拍位置が違う。ここも打楽器の印象、大事です。

天野―― 60小節の7連符は…

佐藤―― 2+2+3で練習すると良いです。61小節からのホルン、とても大事。

渡辺―― 60小節目のS.Cym.は、後半にクレッシェンドを思い切ってかけたほうがいいかもです。

佐藤―― 61小節目ののB.D.の響きも大切ですね。

渡辺―― セッティングはタンバリン、トライアングル、グロッケンが前列にできると良いです。61小節からTimp.音が低いので良い音でほしいです。音程、LサイズでG♭は厳しい。Tubaあたりと音が合うかな…? W.Chimeは場所によっては手でやった方が良いですね。

天野―― 全体にすごく良く書けているね。

佐藤―― はい。とても親しみやすいですが、練習に慣れてくると、リズムが転んだりタイの長さが合わなくなったりしやすいので、タイやスラーをはずして練習すると良いです。とにかく、表情記号が書かれていなくても旋律のまとまりを意識して「歌う」ことが大切。渡辺先生、最後に打楽器の奏法はいかがですか?

渡辺―― [ I ] 1小節前のグロッケン、手順を工夫したいです。左スタートで、最後右右が理想。
[J] 1小節前のグリッサンド は、左手で最初の音と最後をたたいて、右はを圧力を掛けながら滑らす。最初はゆっくり初めてあとで加速すると良いです。合わせシンバルは119小節目だけですね、良い音でほしいです。最後のTimp.のロール、結構怖いです。音程大事です。Mサイズですかね。

天野―― Timp.サイズM、L、LL、LLが良いんじゃない?(笑)最後もW.Chime、トライアングル、グロッケン、 印象的だね。心にしみ入る曲。

佐藤―― いわゆる、課題曲的ではない作品ですね。先生方ありがとうございました。