尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

2012年度全日本吹奏楽コンクール課題曲のすべて

SHOBI講師陣による課題曲講座

 

II. 行進曲「よろこびへ歩きだせ」(土井康司)

パート別ワンポイントアドバイス(フルート編/講師・渡辺 泰)

渡辺 泰この曲も課題曲Iと同様にシンプルで美しい音色、しかし決して淡白な演奏にならず和声進行を意識した、フレーズ感豊かな演奏(決して<、>を大げさに付けた演奏という意味ではないですよ、念のため)を心掛けたいですね。

冒頭、金管のリズムと木管のリズム、8分音符のビートで正確に演奏出来るように。3連符のあとの8分音符が正確な時間に収まるように(3連符のおまけにならないように)気をつけてください。また、2小節毎に1つの和声になっていますので金管と和声感に差異が出ないように。

[A] の9小節目から、小節の頭の8分音符が弱くならないように。例えば1小節だけを取り出して演奏してみて、続けて演奏した時と同じ感じに演奏が出来ているかどうか確認してみて下さい。
また[A] の11、12小節目が弱くなり過ぎないように、8分音符は生き生きと発音させたいですよね(フレーズはこの先まで続いていますよね?)。
[B] 2小節前も同様です。でも[B] 1小節前のスラーのうしろの音が強調されないように。

[B] のアウフタクトから、掛け合いになっていますので、お互いに最初の音をしっかりと(程度によりますが、気持ち長めに)かつ丁寧に演奏したいですね。また[B] 8小節目は1stの人は2ndの動きを活かしてあげられるように。2ndの人、1stに負けずに積極的に演奏して下さい。[B] 13小節目からのトリルは全体との音量バランスを考えて。

[C] 12小節目はメロディを演奏途中に相の手も演奏する「1人2役」を要求されています。2ndも1stも3連符の最初の音を流れないようにはっきりと演奏したいですね。また[C] 17、18小節目は金管のリズムを感じて。

[D] からのメロディはとてもシンプルに書かれていますが、それ故に不用意な演奏をするとしっかり聴こえてしまいますので注意したいですね。いくつかの例を挙げるとすれば…

(1) 休符でメロディが途切れない
メロディの始まりを小節の頭からと考えて、休符をメロディと同様に歌えるようにして下さい(休符にもダイナミクスがある、と考えるのも良いでしょう)。

(2) 跳躍の幅を意識して吹き方をコントロールする
[D] 2、3小節目、8、9小節目のような跳躍の幅の広い音の移動(おまけにスラーなのでより難しい)は特に音色、音程に気をつけて。移動する前に次の音をイメージして吹くように。音を出したあとに修正しても手遅れですよ。

(3) 自分が動いていない時の他のパートの動きを意識する
言うまでもありませんね。付け加えるなら、伸ばしている音の中では和声の変化はないか、次に来る音は発展させるべきか、それとも収めるべきか、方向性(アイデア)を持った持続音でありたいですね。

[G] からのピッコロは1人しかこのメロディを演奏していませんから、自信を持って堂々と。念のため楽器の調整をしてもらってください。

【渡辺 泰プロフィール】
1990年桐朋学園大学音楽学部在学中に新日本フィルハーモニー交響楽団に入団し、ソロ・ピッコロ、フルート奏者として活動し現在に至る。新日本フィル等と協奏曲の共演や新作の初演、室内楽、ソロ等の演奏活動も行っている。また、サイトウ・キネン・オーケストラ、スーパー・ワールド・オーケストラ、ジャパン・ヴィルトオーソ・シンフォニー・オーケストラ等へも参加。オーケストラ、吹奏楽の指揮・指導、レクチャーの講師等、幅広い活動をしている。