尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

2012年度全日本吹奏楽コンクール課題曲のすべて

SHOBI講師陣による課題曲講座

 

III. 吹奏楽のための綺想曲「じゅげむ」(足立 正)

パート別ワンポイントアドバイス(サクソフォーン編/講師・原 博巳)

原 博巳「じゅげむ じゅげむ ごこうのすりきれ…」と、とにかくリズムに乗って無心に、無邪気に演奏したいですね。この作品は言葉を描写したリズムと楽器の組み合わせによる移り変わりによって展開しています。もちろんパート毎のアンサンブルやバランスが大事なのですが、何よりも一人ひとりが楽譜に書かれているアーティキュレーションを正確に読み取ることが大切です。
長く保つ音から短い音まで、スラーやスタッカート、アクセント等、様々なアーティキュレーションを取りこぼさず読み取って、それを手がかりとして音符に重みを乗せたり、響かせたりして、フレーズのイントネーションを表現して、まるでお喋りや会話をするような演奏やアンサンブルをしたいですね。

この作品中のアーティキュレーションで重要なのは「横アクセント」と「縦アクセント」の2種類のアクセントです。アクセントのための決まった奏法というものは無く、状況に応じて対応するしかないのですが、この作品においての私の解釈では、「横アクセント」はそれまでのフレーズの流れの中で、特に強調したい音に対して付けられ、全体の流れは止まらないように、「縦アクセント」はいつもフレーズの語尾に付けられているので、付けられた音はもちろん、フレーズ全体を引き締めるような音の処理が求められるように思います。

[A] 4小節目からのアルトの縦アクセントは低音域なので、音色が割れないように注意。
[E]からのアルトのソロは中音域の柔らかな音色をアピールして、全体の穏やかな雰囲気を表現したいですね。2小節目のシでは響きが貧弱にならない様に太く保って、同じくバリトンもテヌートに重みを乗せてアルトを応援しましょう。

【原 博巳プロフィール】
東京に生まれ、幼少から神奈川県鎌倉市で過ごす。 東京ミュージック&メディアアーツ尚美(現 尚美ミュージックカレッジ専門学校)、東京藝術大学音楽学部別科を首席で修了。サクソフォンを服部吉之、冨岡和男の両氏に師事。
1996年 第13回日本管打楽器コンクール サクソフォン部門第一位、2002年 第3回アドルフ・サックス国際コンクール第一位(日本人初)
2003年 アメリカのミネソタ州ミネアポリスに於いて開催された第13回ワールド・サクソフォン・コングレスに参加、2006年はスロベニアのリュブリャナで開催された第14回同コングレスではジェローム・ラランと共に鈴木純明作曲「2つのソプラノサクソフォンの為のアンチエンヌ」を世界初演、また閉幕コンサートではスロベニア警察音楽隊と共にアンドレ・ウェニアン作曲「アルトサクソフォンと吹奏楽のための二つの断章」を演奏し好評を博した。
2004年 神奈川フィルハーモニー管弦楽団の演奏会にソリストとして出演し、エイトール・ヴィラ=ロボス作曲「ファンタジア」、ポール・モーリス作曲「組曲『プロヴァンスの風景』」を共演。
2007年 フランスのパリ、キャプヴェルンの2箇所で演奏会とマスタークラスを開催し、2008年には東京の浜離宮朝日ホールに於いて野原みどり(ピアノ)と共に株式会社野中貿易主催による邦人現代作品からフランス近代作品を集めたリサイタルを開催、その中で鈴木純明作曲「アルトサクソフォンの為のスフルスティック」を世界初演し注目を集めた。また同年 台湾の嘉義市で開催された吹奏 楽祭「2008嘉義市國際管樂節」に招かれ、ジェローム・ララン、ティボー・カナヴァル、大石将紀らと共に四重奏で参加し高い評価を得た。
2004年4月から1年間、音楽之友社から刊行されている「バンドジャーナル」の誌上にある「ワンポイントレッスン」を執筆する。1999年にはラジオ「NHK-FMリサイタル」に2度出演、2008年 NHK-FM「名曲リサイタル」に出演した。

CDはこれまでに伊藤亜希子(ピアノ)と共に「森の静けさ」を、伊藤富美恵(ピアノ)と共に「PCF」を、そして野原みどり(ピアノ)、橋本晋哉(テューバ)、久保智美(オンド・マルトノ)らと共に「レチタティーヴォ・ファンタジア」をそれぞれカフアレコードからリリースしている。

教育活動は2003年4月から洗足学園音楽大学、洗足学園高等学校を、加えて2005年4月からは母校である尚美ミュージックカレッジ専門学校で後進の指導にあたっている他、2008年 第25回日本管打楽器コンクール、 2010年 第5回アドルフ・サックス国際コンクールの審査員を務めた。