尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

2012年度全日本吹奏楽コンクール課題曲のすべて

SHOBI講師陣による課題曲講座

 

III. 吹奏楽のための綺想曲「じゅげむ」(足立 正)

天野正道先生・佐藤正人先生・渡辺由美子先生による鼎談

佐藤―― 強烈なインパクトです。土俗的・民俗的な踊りを思わせる曲ですね。

天野―― テンポ速い。「早口言葉」だからか。おーっ「じゅげむ じゅげむ」がちゃんと出ている。次が「ごこうのすりきれ」だっけ。スコアもそうなっているね。

佐藤―― はい、海砂利水魚~水行まつ、雲来まつ…その話じゃなくて曲ですね(笑) 中間部が子守歌。 [B] は伊福部昭を彷彿させます。

天野―― そうだね。「えーパイポパイポ パイポのシューリンガン…」

佐藤―― 先生~、次の話を…

天野―― はい。「ポンポコピーのポンポコナーの 長久命の…」

渡辺―― その、次の話じゃなくて(一同爆笑)

天野―― はい、そうでした(笑) 最後のオチも「ごこうのすりきれ」ですね!(笑) 旋律線やハーモニーが伊福部さんの交響譚詩に似ている。ビートとか。舞踏組曲の感じもあるね。中間部はとても美しい。日本の映画に出てきそうな音楽。

佐藤―― はい、旋律や伴奏形、4度・5度の響き、ビート感や拍子の組み合わせ、強弱等、演奏しても聴いても面白い作品です。旋律と伴奏とのラインがはっきりしているので、合奏でも分奏でも、練習し易いと思います。

渡辺―― そうですね。曲は打楽器のソロから始まりますが、とても面白いです。Drumsの分担奏みたいですが、楽器の音色も大事ですね。最初のTrg.大事です。グーパー練習しなくちゃ。全体に打楽器が重要。やりがいありますね。3つのトムは、横一列にセットかな。

天野―― チューニングはどうしますか?

渡辺―― 右が1番高いピッチで、真ん中が中位で…S.D.とTimp.との関係も大事です。

佐藤―― スネアoffは高ピッチが良いかな。

渡辺―― そうですね。チューニングやスティック、マレットの選択も大事です。

佐藤―― 部分によっては楽器を変えて(2台で)やるのも良いかもしれませんね。

渡辺―― そうですね。打楽器は、スコアの打楽器の部分でパート譜を作り、担当する楽器や移動、セッティングを考えます。楽器で練習するだけでなく、丸くなって一つの練習台を全員スティックで打つと、リズムやタイミングに集中して練習できます。

佐藤―― 良い方法ですね。音色、アクセント種類や(>やΛ)有るか無いかも大事。これは管楽器全体にも言える。速いテンポでは8分音符のアクセントやスラー、アーティキュレーションの扱いで印象が変わりますね。短くても伴奏のハーモニー感が聴き取れる長さで。転ばないことも大事です。

渡辺―― はい、ビート感とテンポ感がとても大切なので、練習は足踏みと歌や手拍子でリズムを取る等、全員で練習すると良いですね。リトミックみたいな練習もしたいです。

天野―― 歌ったり、踊ったり、歌詞つけたり、渡辺先生、得意だね!(一同うなずく)

佐藤―― [C] から [D] のニュアンスの変化や打楽器と伴奏形だけに感じられる印象的な [D]、面白いです。4分音符=120へのテンポの変化は一瞬ドキっとします。演奏も指揮もしびれますね。

天野―― うん。でもその次が4分音符=80で(それまでの4分音符=160の)倍だから、そんなに難しくないかな。4分音符=120だから4:3で…(以下、計算や楽譜でリズムを書いて確認しましたが、省略します…)

佐藤―― そうですね。でもテンポはハーモニーディレクターのメモリー機能を使ってすぐビート確認できるので、練習して慣れれば大丈夫です。

天野―― 結局そうだね。便利だなぁ。[E] はテンポ60ですね。キレイですね。

佐藤―― [E] から[H] まで、たっぷり歌いたいですね。スラーの最初の音やテヌートの音は丁寧に。実際に声で歌って 練習すると良いですね。自然なフレージングで。ゆったりしているので、主旋律、対旋律、ハーモニーや低音の動きがずれないように。スラーをはずしてテンポ感を確認するのもお勧めです。ここは作曲者が書いている音符や表情記号、アーティキュレーションを読み取って演奏したいですね。

渡辺―― [H]、打楽器のソロ、管楽器にうまく渡す。速さ、リズムが転ぶとうまくいかないです。

佐藤―― 次の管楽器もそうですね。B.D.も68小節の打楽器も決めたいです。

天野―― [D] にもあったけど [K] の掛け合い面白いね。

渡辺―― 全体的に、S.Cym.やタンバリン、ウッドブロック、Trg.も楽器の種類やビーターの研究もしたいですね。 

天野―― [M] からエンディング、一気に終わるけどバンドの腕の見せ場だね。

佐藤―― はい。拍子や音のタッチ、ビート感が次々に変化するので、表現力問われます。速度が速い部分 が前半、後半とありますが、楽譜以上に強弱や楽器の組み合わせの面白さやバランス、音色の変化など多彩にほしいです。