尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

2012年度全日本吹奏楽コンクール課題曲のすべて

SHOBI講師陣による課題曲講座

 

IV. 行進曲「希望の空」(和田 信)

パート別ワンポイントアドバイス(コントラバス編/講師・小室昌広)

野崎和宏コントラバスは弦楽器であり、管楽器とは異なる音色を持っています。その特徴をイメージで表すと「固い音」と言えると思います。倍音を多く含む音はコントラバスのような低音であっても輪郭のある音や機動性のある音を作りだします。
管楽器では管を長くして音程を低くしていますが、管を太くすることには限界があります。いずれにしても息の力が及ぶ範囲は限られ、長い管を息で充たすには時間も量も必要であることは想像出来るでしょう。
弦楽器のコントラバスが管楽器アンサンブルに必要とされるのは低音管楽器が不利とする「固い」サウンドを簡単に作り出せる点にあります。
特に行進曲では瞬発力のある音が低音にあることで、溌剌とした歩みが演出されます。
弓が作り出す速度エネルギーを楽器に伝えて、柔らかくなりがちな響きに力を与えましょう。

8分の6拍子の行進曲は独特のリズム感をうまく出すことが肝要です。単に拍の頭だけを弾くときも、その中に速い3拍子が含まれている感じを出すようにしましょう。4分の2拍子の行進曲よりなめらかに歩を進める感覚、踏み込みが軽い感覚を持ってもいいです。実際には少し急いでいるように聴こえる傾向にあるので、余裕をもって堂々と歩を進めるイメージをもちましょう。

この曲では、コントラバスの調弦を全て半音上げる(上からAs・Es・B・F)ことも、演奏の難易度を下げ、響きを明るくする効果があります。チューニングも全体と一緒にBで合わせることが出来ます。この場合半音下げた譜面で練習することを推奨します。例えば練習記号[D] からの譜面は以下のようになります。開放弦を多く使うことが出来、EsやBを押さえ続ける労力がなくなります。

譜例

【小室昌広プロフィール】
1989年、東京芸術大学卒業。1992年同大学大学院音楽研究科修士課程修了。コントラバスを加藤正幸、永島義男の各氏に師事。L.シュトライヒャー、F.ポシュタ、F.ペトラッキの指導も受ける。作・編曲、指揮も手掛け、その作品は 東京交響楽団等で演奏されている。都内すべてのプロオーケストラでの経験をもち、東京ゾリスデンアンサンブル・オブ・トウキョウなどの室内楽団でも演奏する。草津、倉敷、宮崎などの各音楽祭に出演。東京芸術大学及び尚美ミュージックカレッジ専門学校講師。