尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

2012年度全日本吹奏楽コンクール課題曲のすべて

SHOBI講師陣による課題曲講座

 

IV. 行進曲「希望の空」(和田 信)

パート別ワンポイントアドバイス(クラリネット編/講師・大浦綾子)

大浦綾子タイトルどおり、活き活きとした表情のマーチで、6/8拍子のリズム感がポイントです。

冒頭1st Cl.の<ド→レ>のトリルは、上管のサイドに4つ並んだトリルキィの上から2番目を使ってください。

[A] アウフタクトからのテーマは、いかに6/8拍子に乗れるかがポイント。[A] 1小節目の大きい2拍目の入りなど、飛び込まないように注意したいところです。2小節目の16分音符はできるだけ後ろに詰めてください。その直前の音は突っ張りすぎないように、少し隙間を開けるとリズム感が出ると思います。[A] 6小節目1st Cl.の16分音符<シ♭→ド→シ♭>は、上管サイドのトリルキィの上から1番目2番目を “一緒に” 押します。

[C] からの8分音符はスタッカートで歯切れよく、それに対して8小節目からのフレーズはしっかりレガートで、表情の変化を大切にしてください。

トリオの [G] からは、クラリネットとサクソフォンでしっとりと歌うところです。音色のブレンド感を大切に。うまくブレンドしたときは、Cl.ともSax.とも違うなんとも言えない良い音色が生まれます。そして [H] からはガラッと表情が変わりますから、音符を弾むようにマルカートで演奏してください。

[J] からはクラリネットは鳴りにくい音域で書かれていますが、シ♭・ラ♭などをできるだけクリアーな音で響かせて演奏したいものです。

【大浦綾子プロフィール】
武蔵野音楽大学卒業及び東京芸術大学大学院修了。在学中、東京文化会館推薦音楽会 に出演。第55回毎日音楽コンクール(現:日本音楽コンクール)クラリネット部門入選。第6回日本管打楽器コンクールクラリネット部門第2位入賞。 1990年フランスに留学。 1992年パリ12区コンセルヴァトワールを審査員全員一致の1等賞を得て卒業。帰国後、第9回日本管打楽器コンクールクラリネット部門第3位入賞。第 63回日本音楽コンクールクラリネット部門入選。2001年より東京佼成ウインドオーケストラ クラリネット奏者。