尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

2012年度全日本吹奏楽コンクール課題曲のすべて

SHOBI講師陣による課題曲講座

 

IV. 行進曲「希望の空」(和田 信)

パート別ワンポイントアドバイス(フルート編/講師・渡辺 泰)

渡辺 泰曲の構成はオーソドックスで素直な作りですね、しかし、ちょっとしたリズムやスケールに特徴がありますので、そこを活かした演奏を心掛けたいですね。

冒頭のトリル、スピード感のある始め方で演奏したいですね。装飾音も含めてタイミングよく、ややアクセント気味に演奏してみて下さい。3小節目の頭はトリルがはみ出さず、また8分音符の音は(長くなくていいので)きちんと演奏して下さい。どの後のスケール、普通のEs-durではないですよね?正確に!

この曲は8分の6拍子で書かれています。恐らく皆さん大きな3拍子でテンポやリズムを意識すると思うのですが、細かなリズムや音型を表現するためにも1拍を6つで感じながら演奏してみてください。
例を挙げると、[B] のアウフタクト、スラーのあとのCの音やそれに続くGの音に気をつけていないと音が弱くなりがちです。また11小節目のようなリズムも発音のスピード、強弱が極端に変化しないように気をつけてください。電子メトロノームなどで速いビートが出せるものがあれば、それに合わせて練習してみるのも良いと思います。

またこの第1マーチは4小節 x 4で構成されていますが、この後半8小節は和声進行が途切れずに続いていますので、ブレス等でフレーズの流れが切れないように注意してください。

[D] からのオブリガートはやはりテンポ、リズムが大切です。クラリネット、ホルン、打楽器と合わせてみて、3拍目や6拍目が正確な場所で演奏できているか確認してみて下さい。また何回か出てくるトリルは終わりをきっちり揃えると格好良いと思いますよ。

[H] からも同様にホルン、打楽器と合わせてみて、リズムが6拍正確に並ぶように心掛けて練習してください。また[H] 9小節目はしっかり意識的にmpで!音量の変化だけに囚われずに、表情の変化を心掛けてください。

[ I ] からは2小節目のトリルの吹き始めがテンポに対して正確であることと、きちんと実音から始めること(上の音からにならないこと。また、トリルの吹き始めの音を長くするわけでもないので気をつけて!)。3小節目頭の休符は低音群の8分休符を意識できるといいですね。それと4小節目頭のスケールの到達音、和声、音程に気をつけてください。

細々と書きましたが、基本的にはシンプルな曲ですので、細かいディティールをしっかり作り込んで「尻尾までアンコが詰まったタイ焼き」のような演奏(!?)を期待しています。

【渡辺 泰プロフィール】
1990年桐朋学園大学音楽学部在学中に新日本フィルハーモニー交響楽団に入団し、ソロ・ピッコロ、フルート奏者として活動し現在に至る。新日本フィル等と協奏曲の共演や新作の初演、室内楽、ソロ等の演奏活動も行っている。また、サイトウ・キネン・オーケストラ、スーパー・ワールド・オーケストラ、ジャパン・ヴィルトオーソ・シンフォニー・オーケストラ等へも参加。オーケストラ、吹奏楽の指揮・指導、レクチャーの講師等、幅広い活動をしている。