尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

2011年度全日本吹奏楽コンクール課題曲のすべて

SHOBI講師陣による課題曲講座

 

IV. 行進曲「希望の空」(和田 信)

パート別ワンポイントアドバイス(トランペット編/講師・本間千也)

本間千也

6/8拍子のマーチはリズムがとっても難しいですよね。冒頭の4小節間は低音金管とのリズムの絡みをきちんと揃えましょう。とくに3小節目は2拍3連のリズムを正確に取れるトレーニングをしていないと演奏できません。

まずは、譜例のようにすべて八分音符に分割して、リズムを正確に覚えましょう。
全員で分割したリズムで演奏ができたら、下の譜例のリズムでも練習してみましょう。 譜例

[B] からの旋律は、 marc. ですが mf ですので、ていねいに演奏しましょう。
[C] は低音楽器が旋律ですので、バランスに注意してください。

[D] の3〜8小節目はユニゾンですので、一人一人が大きくなりすぎないようリズム・発音・音程のアンサンブルを重視して演奏してください。

[E] は [B] と同じオーケストレーションですが、ダイナミクスが mf から f へと上がっていますので、その点を考慮してバンド全体で表現に変化をつけられるとよいですね。

[H] からは、明るい音色で軽く演奏したいですね。[G]で木管楽器がレガートで演奏した8小節のフレーズ感を引き継いで、それに少々のビート感と明るさを加えて演奏をしましょう。
[ I ] からは力強い ff のフレーズが待っていますので、それを計算した音色や表現のコントラストを計算してください。ハーモニーと音色が犠牲にならないよう、バンド全体で美しいサウンドを保つよう心がけてください!

[J] では吹きすぎないようにサウンドとハーモニーに注意しながら丁寧に演奏し、[K] からの ff に備えたいところですが、1stの音域が高くなりピッチや音色が乱れてしまいやすいので、 fff の差は打楽器やリズム伴奏のパートに任せて、トランペットは常にクールでゆとりある音色で演奏したほうがよいでしょう。そして最後の4小節にエネルギーを集中させて、華やかで力強い音で曲を締めくくりたいですね!

【本間千也プロフィール】
1970年新潟県佐和田町(現:佐渡市)生まれ。13歳でトランペットを始める。佐和田中学校・新潟県立佐渡高等学校・東京コンセルヴァトアール尚美(現:尚美ミュージックカレッジ専門学校)卒業。尚美在学中、東京ジュニアフィル ハーモニックオーケストラに入団。1995年、アジアユースオーケストラのツアーに参加。
1997年、シエナウインドオーケストラに入団。2007年6月~2008年3月、神奈川フィルハーモニー管弦楽団特別契約団員。2009年1月、東京佼成ウインドオーケストラ入団。
他 には、VIVID BRASS TOKYO(ブリティッシュスタイル金管バンド)、THE BRASS(金管8重奏)などの室内楽、ミュージカル、オーケストラ客演、ソロ活動、スタジオ録音などの多彩な演奏活動を行っている。東京ミュージック& メディアアーツ尚美非常勤講師。神奈川大学吹奏楽部、青山学院大学学友会吹奏楽バトントワリング部トランペットトレーナー。
トランペットを杉木峯夫(東京芸術大学教授)、津堅直弘(NHK交響楽団首席Tp奏者)、Edmund Cord(インディアナ大教授、元イスラエルフィル首席Tp奏者)の各氏に師事。室内楽を、稲川榮一(Tuba奏者)、佐野日出男(Tuba奏者)の各氏に師事。