尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

2012年度全日本吹奏楽コンクール課題曲のすべて

SHOBI講師陣による課題曲講座

 

V. 香り立つ刹那(長生 淳)

パート別ワンポイントアドバイス(クラリネット編/講師・大浦綾子)

大浦綾子まず、3/8・5/8といった8分音符単位の拍子で書かれているので、それに慣れる必要があります。譜割りが分かりにくい場合は、一度3/4・5/4など4分音符単位の拍子に変えてみてください。それなら読み慣れているためわかりやすくなると思います。それから、5拍子・7拍子などの変拍子は、2:3なのか3:2なのか、2:2:3なのか3:2:2なのか・・・拍子を分けておく必要があります。

そして全体に注意してほしいのは、各パートが一体となってうねっている曲ですから、まず一人一人がリズムを正確に演奏すること、それから全体でクレッシェンド・デクレッシェンドの感じ(どのくらいまで強く・弱くするか)を合わせることが大切です。特に、どこからクレッシェンドがかかっているのか、どこからデクレッシェンドがかかっているのかを、一人一人が明確に音に現してください。

曲を細かく見ていきましょう。冒頭4小節目1stクラリネットのソの音は、Fl.・Es Cl.の f の中から出てくるように書かれていますから、アタックが付かないようにしましょう。6小節目のスタッカートはかなり短く。6連符のクレッシェンドは次に出てくるパートの mf に繋げるだけですからやりすぎないように。8小節目は一瞬間が空いてハッとさせるところです。その後の付点4分音符のタイミングを合わせましょう。9小節目のようなパッセージは難しいところです。デクレッシェンドが書かれていますが、音型が上がっているのでよほど気を付けないとクレッシェンドに聞こえてしまいます。

[B] は4拍裏で集合しますが、ここのデクレッシェンドは4拍あたまからかかっているので、裏にアクセントが付いてはいけないということです。

[E] 1小節前のEs Cl.のソロは、前半たっぷりと、そして後半は加速して次に流れ込んでください。音域が低いですが、Tutti f に繋がるようにしっかりクレッシェンドしてください。指揮者は最後の4つの音を聴いて次のアウフタクトを出すと思うので、accel.しても4つずつの音のかたまりが分かるように演奏しましょう。

[L] からは書かれたダイナミクスを正確に守って演奏してください。

[M] 1小節前に書かれた<>は、息で押したテヌートのような吹き方です。

【大浦綾子プロフィール】
武蔵野音楽大学卒業及び東京芸術大学大学院修了。在学中、東京文化会館推薦音楽会 に出演。第55回毎日音楽コンクール(現:日本音楽コンクール)クラリネット部門入選。第6回日本管打楽器コンクールクラリネット部門第2位入賞。 1990年フランスに留学。 1992年パリ12区コンセルヴァトワールを審査員全員一致の1等賞を得て卒業。帰国後、第9回日本管打楽器コンクールクラリネット部門第3位入賞。第 63回日本音楽コンクールクラリネット部門入選。2001年より東京佼成ウインドオーケストラ クラリネット奏者。