HARMONIE - 尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科

アンサンブル講座

佐藤正人先生によるアンサンブル講座。バンド指導者が日常的に活用できる知識を網羅!

 

クラリネットアンサンブル

クラリネット・アンサンブル

クラリネット・アンサンブルは,管楽器のアンサンブルの中でも身近で、また効果の高い演奏が可能な形態です。クラリネットという楽器は音域が広いのですが、その広い音域が比較的自由に使えます。弦楽器が音域の高い・低いに制約されることなく使えるのに似ています。クラリネットで現在使われている楽器は次の通りです。

  • A♭クラリネット、E♭クラリネット、Dクラリネット、Cクラリネット
  • B♭クラリネット、Aクラリネット
  • Fバセット・ホルン、E♭アルト・クラリネットB♭バス・クラリネット
  • E♭コントラ・アルト・クラリネットB♭コントラ・バス・クラリネット

これだけたくさんある種類のうち、吹奏楽やアンサンブルでは太字の楽器が一般的に使われます。他の楽器は特別の編成の吹奏楽やオーケストラ、またこれらを用いたアンサンブル、独奏などに使われます。ですから、ごく常識的には吹奏楽の世界を考えているならば、太字の楽器のことがわかっていればよいということになります。

1.編成

クラリネット・アンサンブルの形態には通常次のようなものが多く組まれます。

三重奏 ●B♭クラリネット(3)
○B♭クラリネット(2)+B♭バス・クラリネット(1)
四重奏 ●B♭クラリネット(4) 
●B♭クラリネット(2)+E♭アルト・クラリネット(1)+B♭バス・クラリネット(1) 
●B♭クラリネット(3)+B♭バス・クラリネット(1) 
○E♭クラリネット(1)+B♭クラリネット(2)+B♭バス・クラリネット(1)
○E♭クラリネット(1)+B♭クラリネット(1+E♭アルト(1)+B♭バス(1)
五重奏 ●B♭クラリネット(3)+E♭アルト・クラリネット(1)+B♭バス・クラリネット(1) 
●B♭クラリネット(4)+B♭バス・クラリネット(1) 
六重奏 ●E♭クラリネット(1)+B♭クラリネット(3)+E♭アルト(1)+B♭バス(1)

※これ以上はクワイア形式になり、六重奏にコントラバス・クラリネットが加わったり、B♭・E♭アルト、B♭バスを複数で使うようになったりします。

一般的に普及しているものは●のものです。これらの形態は楽譜も多く出版されていて、編成にも無理がないので気軽にグループを組むことができ、とても手軽にアンサンブルを楽しむことができます。吹奏楽では、クラリネット・セクションに大勢の人がいるわけですが、このような小さいグループをたくさん組ませて活動したらどうでしょうか。

2.クラリネット・アンサンブルのテクニック

クラリネット・アンサンブルは同属の楽器で音色も高い方から低い方まで統一されているので、音色を混ぜる苦労をしなくてすみます。また音量もだいたい似かよっていますのでバランスも大変とりやすいのですが、それだけにひと通り音が出てしまうと、それだけでよしとしてしまうきらいもなくありません。
アンサンブルを行うには一人一人が正しいピッチ、美しい音色を出す奏法、正しい運指法を用いることが第一の条件となります。お互いのパートの動きを理解してそれに対応する、これがアンサンブルの本当の面白さにつながるのです。
また、各々のパート間のリズムの関係、アーティキュレイション、イントネーションを統一しなくてはいけません。こういった問題を様々な場合に応じて整理していく作業がアンサンブルのまとめのひとつの基礎技法になります。
主旋律と伴奏部はっきり区別されているような曲では、伴奏部を少し小さめに押さえると主旋律が引き立ちますし、また低い音のパートは同じ音量だとどうしても高い音のパートに負けますから相当しっかり音を出さないといけません。バス・クラリネットは全体に大きめに吹くことを意識していたほうがよく、アルト・クラリネットも同様に考えられます。
それぞれのパートの役割を理解するところからアンサンブルは始まるのです。

3.レパートリー

■三重奏

作曲者名 曲名・編成 出版社
ジャン・ミシェル・ドゥファイ オーディションのための6つの小品 (B♭ Cl.×3) Alphonse Leduc
マルセル・ポート クラリネット三重奏曲 (B♭ Cl.×3) Alphonse Leduc
R.M.エンドレセン 木管楽器のお祭り (B♭ Cl.×3) Rubank

■四重奏

作曲者名 曲名・編成 出版社
クレア・グランドマン カプリス (B♭ Cl.×4) Boosey & Hawkes
クレア・グランドマン バガテル (B♭ Cl.×4) Boosey & Hawkes
ジャン・ミシェル・ドゥファイ オーディションのための6つの小品 (B♭ Cl.×4) Alphonse Leduc
ポール・ハーヴェイ 4本のクラリネットのための「ファンタジア」 (B♭ Cl.×4) Boosey & Hawkes
ゴードン・ジェイコブ 4本のクラリネットのための「スケルツェット、パバーヌとゴパック」
(B♭ Cl.×4)
Emerson Edition
ケネス・A・ウィルソン パガニーニの主題による変奏曲 (B♭ Cl.×4) Boosey & Hawkes
ピエール・マックス・デュボア クラリネット四重奏曲 (B♭ Cl.×4) Alphonse Leduc
アンリ・トマジ 三つのディベルティメント (B♭ Cl.×4) Alphonse Leduc
マイケル・ヘンリー バード・ウォッチング (B♭ Cl.×4) Emerson Edition
江原大介 朱のインパルス (B♭ Cl.×4) ブレーン
アルフレート・ウール ディヴェルティメント (B♭ Cl.×3 / B.Cl.) Schott
パトリック・ヒケティック スリー・ラテン・ダンス (B♭ Cl.×3 / B.Cl.) Metropolis
永井 彰 くまさん変奏曲 (B♭ Cl.×3 / B.Cl.) 音楽之友社
三浦真理 クローバー・ファンタジー (B♭ Cl.×3 / B.Cl.) 教育芸術社
coba 楽天家に捧ぐ螺旋 ~クラリネット4本のための~ (B♭ Cl.×3 / B.Cl.) 花曜社
デイヴィッド・ベネット クラリネット・ラプソディ (B♭ Cl.×2 / A.Cl. / B.Cl.) Carl Fischer
デイヴィッド・ベネット クラリネット四重奏のための「アルゼンチン」 (B♭ Cl.×2 / A.Cl. / B.Cl.) Carl Fischer

■五重奏

作曲者名 曲名・編成 出版社
ヨハネス・ブラームス クラリネット五重奏曲 (B♭ Cl.×4 / B.Cl.) 音楽之友社
鈴木英史 フォスター・ラプソディー (B♭ Cl.×4 / B.Cl.) ブレーン
ロルフ・ロレンツ カレイドスコープ (B♭ Cl.×4 / B.Cl.) Hofmeister
ヨハン・ゼバスティアン・バッハ
編曲:森田一浩
シャコンヌ(「無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第2番ニ短調BWV1004」より)
(B♭ Cl.×4 / B.Cl.)
ブレーン

■六重奏

作曲者名 曲名・編成 出版社
レイモン・ルシュール 家族 (E♭ Cl. / B♭ Cl.×2 / A.Cl. / B.Cl. / Cb.Cl.) Gerard Billaudot Editeur
ウジェーヌ・ボザ ほたる (E♭ Cl. / B♭ Cl.×2 / A.Cl. / B.Cl. / Cb.Cl.) Alphonse Leduc
クロード・ドビュッシー
編曲:福島弘和
弦楽四重奏曲より 第1楽章
(B♭ Cl.×5 / B.Cl.) or (E♭ Cl. / Cl.×3 / A.Cl. / B.Cl.)
アコード

■七重奏

作曲者名 曲名・編成 出版社
ヴァーツラフ・ネリベル コラールと舞曲 (E♭ Cl. / B♭ Cl.×3 / A.Cl. / B.Cl. / Cb.Cl.) Southern Music Co.
ゴードン・ジェイコブ 序奏とロンド (E♭ Cl. / B♭ Cl.×3 / A.Cl. / B.Cl. / Cb.Cl.) Boosey&Hawkes
エリオット・デル・ボルゴル ドデカフォニック・エッセイ (E♭ Cl. / B♭ Cl.×3 / A.Cl. / B.Cl. / CA.Cl.) Kendor
森田一浩 クラリネット七重奏のための
エレジーア、リトミカ、サンバ・オスティナート (B♭ Cl.×7)
音楽之友社

■八重奏

作曲者名 曲名・編成 出版社
森田一浩 クラリネット・クワイアのための「オーバード」
(E♭ Cl. / B♭ Cl.×4 / A.Cl. / B.Cl. / CA.Cl.)
音楽之友社
ベラ・バルトーク
編曲:森田一浩
ルーマニア民族舞曲 (E♭ Cl. / B♭ Cl.×4 / A.Cl. / B.Cl. / CA.Cl.) ブレーン
八木澤教司 パーテル・ノスエル (E♭ Cl. / B♭ Cl.×4 / A.Cl. / B.Cl. / CA.Cl.) ブレーン
ガイ・ウールフェンデン スリーダンス (E♭ Cl. / B♭ Cl.×3 / A.Cl. / B.Cl. / CA.Cl. / Cb.Cl.) Ariel
真島俊夫 クラリネット・クワイアのための「オーバード」
(E♭ Cl. / B♭ Cl.×4 / A.Cl. / B.Cl. / CA.Cl.)
アトリエ・エム
ブルース・スターク タクミズ・ブギ (E♭ Cl. / B♭ Cl.×4 / Al.Cl. / B.Cl. / Cb.Cl.) アンサンブル楽譜Pro

■九重奏

作曲者名 曲名・編成 出版社
ハリー・スタルパース クラウナリー (E♭ Cl. / B♭ Cl.×4 / A.Cl. / B.Cl. / CA.Cl. / Cb.Cl.) Tierolff

4.配置

ここでは一番多く行われる形を選んで図で示すことにします。

■三重奏(B♭Cl.(3))

■四重奏(B♭Cl.(4))

■四重奏(B♭Cl.(2)+A.Cl.+B.cl.) タイプA

■四重奏(B♭Cl.(2)+A.Cl.+B.cl.)タイプB

■五重奏(B♭Cl.(4)+B.cl.)

■五重奏(B♭Cl.(3)+A.Cl.+B.cl.)

■六重奏(E♭Cl.+B♭Cl.(3)+A.Cl.+B.cl.)


■クワイア、タイプA

■クワイア、タイプB

[ ⇒次のページ(サクソフォーン・アンサンブル)へ]


本日:
昨日: