尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

アンサンブル講座 メニュー

アンサンブル講座

トロンボーン・アンサンブル

トロンボーンアンサンブル

1.トロンボーンアンサンブルについて

トロンボーンアンサンブルに触れる前に、トロンボーンについてですが、トロンボーンは大変に表情豊かな楽器で、ピアノやメッツォフォルテのレガートでは、人の声のように柔らかく甘く歌え、一度フォルテになると堂々たる、重厚な響きを出す......。そしてソロや吹奏楽、オーケストラのなかでも素晴しさを発揮できる楽器ですが、 アンサンブルにおいては、ハーモニーの美しさに尽きるといって、過言ではないでしょう。名手たちの組んでいるTrb.クァルテットの演奏を聴くことは、他の楽器の人(特に木管)お勧めです。

練習のポイントをいくつか書いておきます。

  • いつでも「良い音」のイメージを持って練習しよう!
    それに向かって努力するのが上達の第一歩。
  • 自分の腕を磨こう。
    当たり前ですが...これが難しい。「時間がなかった」「体調が...」「楽器の調子が...」「メンバーが揃わない...」言い訳したくなるものですよね!?がんばりましょう。
  • 自分のパートをしっかり吹けるようにしよう。
    他の人のせいにしてませんか?
  • 他のパートを聴きながら吹いてみよう。
  • スコアをみて自分の役割を考えよう。
  • デュエットをしよう。
    相手と合わせる練習になります。Trb.の曲集は「拍子」「リズム」「テンポ」「曲想」「時代の様式」「地域性」あらゆる表現の勉強になるものが用意されています。
  • みんなで音程を合わせる練習をしよう。

2.レパートリー

三重奏

作曲者 曲名 出版社
パーシー・ホール ダンス組曲 Great Works
デイヴィッド・ウーバー マンハッタン・ヴィグネッツ Kendor
ダニエル・シュペール 2つのソナタ Musica Rara
アレキサンダー・フォン・クライスラー 2つのスケッチ Southern Music Co.

四重奏

作曲者 曲名 出版社
ジョージ・ガーシュウィン
編曲:アルミテージ
ポートレイト Editions Marc Reift
ロジャー・チャップマン 3つの都市の組曲 Peters
フロル・ペータース 4本のトロンボーンのための組曲 Peters
アーサー・フラッケンポール トロンボーン四重奏曲 Ensemble Publications
デジレ・ドンディーヌ 4本のトロンボーンのための組曲 Editions Marc Reift
ヤン・ファンデルロースト 化学組曲 De Haske
デジレ・ドンディーヌ 組曲 Editions Marc Reift
ゲオルク・テレマン 4本のトロンボーンのための協奏曲 Musica Rara
ダニエル・シュペール ソナタ Musica Rara
ジョン・クレネスク・モーティマー パリジェンヌ組曲 Editions Marc Reift
デイヴィッド・ウーバー 3つの小品 Ensemble Publications
フロル・ペータース トロンボーン四重奏のための組曲 Peters
ゴフ・リチャーズ トロンボーンのための組曲 Editions Marc Reift

3.配置について

トランペットアンサンブルの配置と同じです。

・基本的には正面から向かって45°

配置図

pや柔らかなパッセージの場合は、より内側を向く。

配置図

f や輝かしいファンファーレでは正面を向く。

配置図

二重奏

配置図

三重奏

配置図

四重奏

配置図

アンサンブル講座 メニュー


ページトップ