尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

イベントレポート

ジャック・モージェ氏 トロンボーン特別講座

  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
photo photo photo photo photo photo photo photo

クリックで切り替え


スワイプで切り替え


2017年12月19日(火)、ジャック・モージェ氏 特別講座を尚美バリオホールにて開催いたしました。

ジャック・モージェ氏は本学の特別講師で、これまでにニース・フィルハーモニック・オーケストラ、パリ・オペラ座管弦楽団で首席トロンボーン奏者を務められてきました。

今回の講座では、本学のコンセルヴァトアール ディプロマ科と音楽総合アカデミー学科と管弦打楽器学科から3人の学生が受講。各自練習してきた楽曲を公開レッスン形式で一対一で見ていただきました。

公開講座終了後はその場でミニコンサート。ジャック・モージェ氏のトロンボーンにエグランティーナ・グラプシさんのピアノが加わり、Trombonsillo(C.カルヴァーチェ)やトロンボーン協奏曲 第2番より(C.グアンゲネ)などを演奏していただきました。

受講者名 伴奏者名 曲目
阿久津 達也
(コンセルヴァトアール ディプロマ科2年)
小松 祥子 ソナタ/ディヴィッド・ギリングハム 作曲
南雲 優佑
(音楽総合アカデミー学科 4年)
杉野 裕子 トロンボーン協奏曲/アンドリ・トマジ 作曲
檜山 大樹
(管弦打楽器学科 2年)
坂本 真璃恵 交響的断章/アレクサンドル・ギルマン 作曲
講師
トロンボーン:ジャック・モージェ
通訳:小野 隆洋

 

マスタークラス

エリック・オービエ氏 トランペット特別講座

  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo

クリックで切り替え


スワイプで切り替え


2017年12月12日(火)、尚美バリオホールにてエリック・オービエ氏 特別講座を開催いたしました。

エリック・オービエ氏は、元パリオペラ座管弦楽団首席トランペット奏者で現在はフリーランスのソリストとして活躍されています。今回は特別講座の前にオービエ氏のミニコンサートがあり、曲目はその場で受講者と聴講者たちから聴きたい曲を募って決定(!)して演奏していました。

特別講座では管弦打楽器学科、音楽総合アカデミー学科、コンセルヴァトアールディプロマ科のトランペットを専攻する学生がふたつのグループに分かれて氏のレッスンを受講。一対一のレッスンという形ではなく、個々の演奏に対してほかの受講者にも「今の演奏に対してどう思った?」と投げかけて全員で参加していくスタイルで進行していきました。

ミニコンサート

曲目 作曲者
トランペット協奏曲 Op.18 第一楽章 オスカー・ベーメ 作曲
レジェンド ジョルジュ・エネスコ 作曲
狂詩曲「スペイン」 エマニュエル・シャブリエ 作曲
トランペット協奏曲 第三楽章 アンリ・トマジ 作曲
演奏
トランペット:エリック・オービエ
ピアノ:安田 結衣子

特別講座

受講者名 学科・学年
後藤 優美 コンセルヴァトアールディプロマ科 2年
宮田 響 コンセルヴァトアールディプロマ科 2年
大川 千瑛 コンセルヴァトアールディプロマ科 1年
山口 歩 音楽総合アカデミー学科 4年
シモンズ 慶敏 音楽総合アカデミー学科 4年
小林 結希乃 音楽総合アカデミー学科 3年
玉井 菜子 音楽総合アカデミー学科 3年
伊良原 詩愛 音楽総合アカデミー学科 3年
山本 魁斗 音楽総合アカデミー学科 3年
岩崎 寧々 管弦打楽器学科 2年
武田 勇希 管弦打楽器学科 2年
神農 大喜 管弦打楽器学科 1年
坂本 菜凪 管弦打楽器学科 1年
講師
トランペット:エリック・オービエ
通訳:安田 結衣子

 

マスタークラス

「DINOSAX」スペシャルコンサート

  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo

クリックで切り替え


スワイプで切り替え


2017年12月16日(土)、尚美バリオホールにて『「DINOSAX」スペシャルコンサート』を開催いたしました。

このコンサートはサクソフォーン奏者であり作曲家でもある本多 俊之さんの最新アルバム「DINOSAX」の収録曲を作曲者本人と共演し、その音楽を体感する講座の一環としての開催でした。

クラシックスタイルのコンサートとは異なり、1曲ごとにジャズ・ポピュラー学科の坂本 浩志先生と本多さんが演奏する楽曲について解説。本多さんは無類の恐竜好きで、今回のアルバム「DINOSAX」は恐竜(DINO)+サックス(SAX)の造語であることもあり解説中には頻繁に恐竜の話も登場しました。

演奏はほぼ全曲本多さんが吹きながら指揮をするという「吹き振り」で演奏(1曲目のみ坂本先生が指揮)。今年秋に放送された「題名のない音楽会」でも同様に吹き振りをされたそうですが、「『吹き振りで演奏できますか?』と番組側にお願いされて、てっきり吹くマネをすることだと思ってOKしたら吹きながら指揮のことだったみたいで、指揮をしたことがなかったから大変だった。なのであまり僕の指揮はあてにしないで演奏してくださいね(笑)」と話されていました。

様々なスタイルの音楽が混ざりあった本多さんの魅力的な楽曲群と軽妙なトークに会場中大盛り上がりの中、終演いたしました。

ご来場いただいたみなさま、ありがとうございました!

「DINOSAX」スペシャルコンサート

【日時】
2017年12月16日(土)
15:30開場/16:00開演
 
【会場】
尚美バリオホール
 
【出演】
本多俊之(Sax.、指揮)
SHOBI ウインドシンフォニー(吹奏楽)
松浦千昇(Drums)
日高真夢(Bass)
小木曽晴日(Pf.)
 
【曲目】
  • CRETACEOUS WIND
  • FEATHER TOUCH
  • THE TIME HAS COME
  • FILLED WITH TENDERNESS
  • TO THE SKY
  • AMPLITUDE
(全曲、本多俊之作曲)

SHOBI ウインドシンフォニー , 吹奏楽

SHOBI シンフォニーオーケストラ研究発表会

  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo

クリックで切り替え


スワイプで切り替え


2017年11月15日(水)、尚美バリオホールにて「SHOBI シンフォニーオーケストラ研究発表会」を開催いたしました。

SHOBI シンフォニーオーケストラは、管弦打楽器学科および音楽総合アカデミー学科に在籍する学生から選抜されたメンバーや講師、指導員、研究員、そして弦楽器各パートには区民参加の「エクステンション・メンバー」を加えたメンバーで構成されています。

今回の研究発表会では、《軽騎兵》(F.スッペ)や《美しく清きドナウ》(J.シュトラウス2世)、《アルルの女》(G.ビゼー)といった誰もが知るオーケストラの名曲を中心に演奏。日頃の授業で学んだ成果を披露しました。

SHOBI シンフォニーオーケストラ研究発表会

2017年11月15日(水)開場:18時15分 開演:18時30分
尚美バリオホール

「軽騎兵」序曲/F.スッペ作曲
ポルカ「狩り」/J.シュトラウス2世
ワルツ「美しき青きドナウ」/J.シュトラウス2世
交響詩「フィンランディア」/J.シベリウス
組曲「アルルの女」(全曲)/G.ビゼー

指揮:横島 勝人
管弦楽:SHOBI シンフォニーオーケストラ

主催:尚美ミュージックカレッジ専門学校 音楽総合アカデミー学科

SHOBI シンフォニーオーケストラ

第5回 SHOBI吹奏楽作曲コンクール本選

  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
photo photo photo photo photo

クリックで切り替え


スワイプで切り替え


2017年11月12日(日)、尚美バリオホールにて「第5回 SHOBI吹奏楽作曲コンクール本選」を開催いたしました。

このコンクールは音楽総合アカデミー学科(4年制)とアレンジ・作曲学科の共催で、音楽総合アカデミー学科アレンジ・作曲コースのオープンキャンパスメニューの一部として開催されている「SHOBI吹奏楽作曲キャンプ」を受講し本学講師の指導を受けた方の作品のなかから、楽譜審査を経て選出された作品を武田 晃先生率いるSHOBIウインドシンフォニーが本選で実際に演奏して審査員の先生方が審査をするというコンクールです。

今回は3人の若き作曲家による4作品が選出され、作曲者立ち会いのもと楽譜の内容や曲の解釈を確認しながら丁寧にリハーサルが行われました。

リハーサルが終わったあとはいよいよ実演審査。管弦打楽器専攻の学生で編成されたウインドオーケストラがそれぞれの楽曲を演奏し、管弦打楽器学科の武田 晃先生、高橋 伸哉先生、広瀬 勇人先生、福島 弘和先生が審査にあたりました。

吹奏楽

最新記事


ページトップ