DIPLOMA 尚美ミュージックカレッジ専門学校 コンセルヴァトアールディプロマ科 管打楽器専攻

システム

目的は豊かなキャリアを身につけること。そのすべてが凝縮されています。

カリキュラム

コンセルヴァトアールディプロマ科は、2年間の在籍期間に、学生自ら希望する演奏家に師事することのできる実技レッスンを柱に、専攻ゼミナールと特別講座による指導体制を採り演奏家としての音楽表現をより豊かなものとします。
コンクール及びオーディションの積極的な参加はもとより、ソリスト、オーケストラ団員、海外コンクール入賞を目指す若い世代の養成を目標とし、年2回の公開実技試験や様々な講座を実施します。

DIPLOMA

演奏の資質・技量が音楽家としてふさわしいと認められた者に「DIPLOMA」を授与します。
この「DIPLOMA」はディプロマ審査試験において優秀と認められた学生に授与され、それによりディプロマ科を修了することができます。

実技試験

年2回のコンサート形式による試験を尚美バリオホールで行います。

○第1回(1年次)、第3回(2年次)実技試験[12分プログラム]

A・B 2種類のプログラムを前もって提出したのち、抽選でどちらかが選ばれます。また、「ディプロマ フレッシュコンサート」の出演者選出を兼ねます。

○第2回実技試験[20分プログラム]

1年次に実施。A・B 2種類のプログラムを前もって提出したのち、抽選でどちらかが選ばれます。

○ディプロマ審査試験[30分プログラム]

2年次に実施。任意の楽曲をプログラミングして演奏します。

*演奏者名、曲目は事前にWeb上に掲載され、試験は全て一般に公開されます。

実技レッスン (年間24回)

演奏家としてのより高度な技術、演奏力を磨き、音楽性を高めることを目的とし、年間24回のレッスン(1回60分)を行います。希望する講師に師事することができます。

専攻ゼミナール

専攻レパートリー研究

演奏家としてのレパートリーを広げ、オーディション、コンクールへ対応するために、実技レッスンとはまた違う角度でのアプローチから更に高度な音楽表現を身に付けることを目的とします。

オーケストラ・スタディ (木管、金管・打楽器) /室内楽

古典派から現代に至る管弦楽曲を中心に演奏実習を行い、総合的なテクニックと芸術性を兼ね備えた、演奏家・オーケストラプレイヤーとしての実力を養成します。

現代音楽研究

近現代作品の演奏法・解釈を研究し、その演奏法の確立を目的とします。

特別講座

実技レッスンや専攻ゼミナールのほかに行われる特別講座です。

時代様式論

時代様式論の様子

バロック・ロマン派・近代の時代様式等々についての講座です。コンクールを受験する学生にはそのコンクール課題曲の題材を優先的に取り上げます。

マスタークラス

マスタークラスの様子

優秀な学生は世界的に活躍する演奏家・音楽家の公開レッスンを受講できます。

[過去の「マスタークラス」のレポートを見る(「HARMONIE BLOG」内)]

アレクサンダー・テクニーク講座

アレクサンダー・テクニーク講座の様子

アレクサンダー・テクニークは、心身の不必要な緊張に気づき, これをやめていくことを学習するものです。ジュリアード音楽院や英国王立音楽大学等では何十年も前から、若い音楽家のたまごたちの必修科目として取り入れられ、全てのプレイヤーが持つ潜在能力を守り育て花開かせ回復させるために欠かせないメソッドとして実践されています。

ディプロマ フレッシュコンサート (優秀者推薦演奏会)

フレッシュコンサートの様子

第1回(1年次)、第3回(2年次)実技試験の優秀者の中より特に優れた者が推薦され、尚美バリオホールにおいてリサイタル形式の公開コンサートを行います。広告が事前に雑誌掲載され、プログラムは公式サイト上でも公表されます。また、最優秀者(ディプロマ大賞を授与)はシエナ・ウインド・オーケストラの公演に出演することができます。

[過去の「フレッシュコンサート」のレポートを見る(「HARMONIE BLOG」内)]