尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

2007年度全日本吹奏楽コンクール課題曲のすべて

SHOBI講師陣による課題曲講座

 

I. ピッコロマーチ(田嶋 勉)

パート別ワンポイントアドバイス(ユーフォニアム編/講師・牛渡克之)

牛渡克之冒頭2小節間 → 全部同じように演奏するのではなく、syncopationを強調するために裏拍をはっきりと出すようにしましょう。
[B] → 音域が低いのでどうしても暗い響きになりがちです。明るいサウンドで演奏しましょう。

[C] → Trb.や Tuba、低音パートのサウンドをユーフォニアムの響きでくるむように。
[D] 2小節前 → メロディは音程が合いにくいので木管の同じパッセージを持つパートとよく合わせておきましょう。

[D] → 2小節目の2拍目、3連符の裏からスタートします。テンポに乗りにくいので遅れてしまいがちです。[D] からスタートするスネアドラムのリズムをよく捕まえてリズムをよく感じておき、出遅れないようにしましょう。
Trio → T.sax., Bsn.を響きの芯として利用し、ユーフォニアムの響きで芯をくるむように演奏しましょう。

[H] → Cl.やTrp.のパワーに負けないで、しっかりしたリズムを作ること。
[K] → 5小節目からのメロディは音域が低いですが、埋もれてしまわないようにアクセントあるいはマルカートで弾むような感じを出してください。

最 終小節 → stacc.を効かせて、重くならないように曲を締めくくってください。

【牛渡克之プロフィール】
東京芸術大学器楽科卒業。91年同大学院音楽研究科修士課程修了。95年スイスに留学し、国立ベルン音楽院ソリストクラスに学ぶ。1988年ファルコーニ 国際ユーフォニアムコンクール入選、日演連主催の新人オーディションに合格し仙台フィルハーモニー管弦楽団とホロヴィッツの協奏曲を共演。90年国際ユー フォニアム・チューバ協会の世界大会(札幌)におけるソロコンクール第1位。 92年第9回日本管打楽器コンクール(ユーフォニアム部門)において第2位。02年初リサイタルを開催、ピアノ・パイプオルガン奏者大井浩明との共演で大成功を収めた。サクソフォーン・バンドネオンとの風変わりなバンド「Out of the Standard(OTS)」メンバー。
(※ 2007年時のプロフィールです。現在はSHOBI では指導されていません。)