尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

2007年度全日本吹奏楽コンクール課題曲のすべて

SHOBI講師陣による課題曲講座

 

I. ピッコロマーチ(田嶋 勉)

パート別ワンポイントアドバイス(フルート編/講師・渡辺 泰)

渡辺 泰 冒頭部、リズムが走らないように。4分音符のテンポに正確にアクセントを付けられるようにして下さい。アク セントの無い音が弱くなりすぎないように。

[B] からの8分音符、軽快に均等に吹けるように。その上にアクセントが付けられるように。特にスラーの後ろの音がスタッカートがついていますけど短くなり過ぎないようにきちんと演奏してください。(全体がmf で吹けるように)

[C] の2小節前、すぐにdim. しないように。1小節前に表情が出せるように気をつけてください。
[C] からの16分音符のリズム、つぶさないように正確、かつ軽快に。和声のバランスにも注意して下さい。

[D] からのトリル、音と運指は大丈夫ですか?テンポももちろんキープできるように。トリルを入れないでリズムを正確なテンポで練習してみるのは有効かと思いま す。
Trioの前の8分音符、乱暴にならないように。テンポにも気をつけてください。

[G] の4~8小節目はテンポが間延びしないように。8分音符のリズム(Bass-Cl.,Hr.,Tub.等)を意識して。特にフレーズの終わりは要注意ですね!

[H] ~の8分音符、同じ音が続きますが、和声は変化していますよ。気をつけて!
5小節目からの16分音符は慌てないで正確に演奏できるように。

[ I ] ~のアクセントスタッカートのついた4分音符は短くなりすぎないように(8分音符と同じになったら問題でしょ?)。どの程度の長さが適当か、よく研究して ください。

[J]~は動きもリズムも正確さが要求されますので、ゆっくりなテンポからメトロノームを使って丁寧に練習してください。その時にテンポを8分音符でとるようにすると更に良いと思います。レガートな部分とマルカートな部分、8分音符と3連符や16分音符のような対比の部分が正確な(一定な)テンポ・音量で演奏できるように。
慣れてきてテンポも上げられるようになったら、メトロノームのテンポを4分音符でとってみて同じように演奏できるか確認してください。正確にテンポやリズムを作れていないと案外、難しいですよ。

ピッコロについて

基本的にはフルートと同じなのですが、更にいくつか注意する点があるとすれば…
冒頭 3 oct、bの音は左手人差し指と右手小指は押さえない方が出しやすいと思います。

[B] 2小節目~、[J] ~と同様、ゆっくりなテンポから丁寧に練習してください。特に16分音符の後にくる8分音符(3拍目の頭の音)が先に来ないように気をつけてください。

[C] 4小節前~、Trioの4小節目前~、[ I ] の4小節前から5小節目、[J] ~最後まで、Fl.,Es Cl.等と音色・音程のバランスに気をつけて練習してください。

【渡辺 泰プロフィール】
1990年桐朋学園大学音楽学部在学中に新日本フィルハーモニー交響楽団に入団 し、ソロ・ピッコロ、フルート奏者として活動し現在に至る。新日本フィル等と協奏曲の共演や新作の初演、室内楽、ソロ等の演奏活動も行っている。また、サイトウ・キネン・オーケストラ、スーパー・ワールド・オーケストラ、ジャパン・ヴィルトオーソ・シンフォニー・オーケストラ等へも参加。オーケストラ、吹奏楽の指揮・指導、レクチャーの講師等、幅広い活動をしている。