尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

2007年度全日本吹奏楽コンクール課題曲のすべて

SHOBI講師陣による課題曲講座

 

I. ピッコロマーチ(田嶋 勉)

パート別ワンポイントアドバイス(サクソフォーン編/講師・中村均一)

中村均一冒頭の8分音符はアクセントも大切ですが、より音符同士のバランスやスタッカートのメリハリを大切にしましょう。 お腹を“フッ、フッ”と動かしてしまいがちですが、音の輪郭が出なくなってしまいますから、息の流れをロングトーンの様に保ちながら舌で息の流れをせき止 める練習をすると良いでしょう。
オクターブの跳躍の音程が崩れやすいので意識をしてアンブシュアを動かさないのがポイントです。8分音符が並んでいますが、モティーフのグループを感じてアウフタクトの3つの音符を新しい言葉の様に言い直す工夫をすると生き生きとした表現ができると思います。f からmp の音色をパッと切り替えるスピード感を味わうと良いセンスが感じられる演奏になると思います。

[A] からのアルトのテーマは[A]、[B]、[E]と3回出てきます。ダイナミクスのニュアンスを少しだけ変えて表情を作りましょう。ユニゾンですので頑張りすぎる必要はありません。音程と音量のバランスをそれぞれに合わせて美しい響きをリラックスしてコントロールしましょう。

[B] からのテナーは音色とフレージングの聴かせどころです。ユーフォニウムとファゴットと一緒に一体感のある響きを生き生きと聴かせましょう。

[D] の3連符はタイが伸びやすいので細かいリズムを感じて遅れないように注意をすることが大切です。3小節目のmp や5小節目のmf のダイナミクスのポイントがパート毎に意識して揃うと色彩感が出せる演奏になると思います。

Trioに入る前、アウフタクトからの4つの8分音符は特別に良いマルカートと響きを工夫して景色を変えましょう。
Trioからの主役はテナーです。長いフレージングを意識してソリスティックな息づかいを聴かせましょう。

[G] からアルトはテナーに加えてクラリネットとユニゾンなので音量よりも音程とバランスが大切です。

[H] からは一転してラテン風の音楽に変貌するのでその性格を出すようにアタックやリズムを強調すると良いでしょう。テナーのリズムはトランペットを意識してバ リトンの裏拍のリズムに乗れると良いです。全ての8分音符は[A] のテーマ以上に短く鋭いラテンのアーティキュレーションに切り替えられるとこの場面の性格が引き立ちます。

[ I ] の木管と金管、頭拍と裏拍の応酬を楽しんで下さい。

[J] からはいよいよフィナーレです。ユニゾンの響きを最大限に輝かせて歌い込みますが、フレーズ毎の言葉のニュアンスを出す工夫をすると更に良いです。[K] の後のmf や[L ]のsub.p、3小節目のff 、最後の小節のmf 、と細かいサウンドバランスをコントロールすると、とても洒落たセンスのある演奏に仕上がると思います。

【中村均一プロフィール】
1983年東京芸術大学を卒業。同年、同大学同声会新人演奏会に出演。また、東京文化会館新人オーディションに合格。1982年にアルモ・サクソフォーン・クァルテットを結成。1986年第21回民音室内楽コンクール(現東京国際音楽コンクール室内楽)第1位を受賞。1988年、第9回、第10回、第 11回、第13回のワールド・サクソフォーン・コングレスに日本代表として出演。1999年のスイス・ロマンド放送交響楽団の日本ツアーに参加。また、東京フィルハーモニー交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、札幌交響楽団等、オーケストラのサクソフォーン奏者としても活躍している。NHK-FMフレッシュコンサートやFMリサイタルには度々出演。これまでに、クァルテットやソロなど10数枚のCDをリリース。東京芸術大学、日大芸術学部音楽学科、 SHOBI各講師。