尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

2007年度全日本吹奏楽コンクール課題曲のすべて

SHOBI講師陣による課題曲講座

 

I. ピッコロマーチ(田嶋 勉)

パート別ワンポイントアドバイス(テューバ編/講師・佐野日出男)

佐野日出男イントロ~ シンコペーションのリズムを強調して2小節目の最初の音はアクセントをしっかり出しましょう。

[A]~ 典型的なマーチの音 型です。クリアーに歯切れ良く全体をリードして行きましょう。音は切り過ぎずに、響きを残して。4小節目の3拍目の裏からのアクセントの音型はそこで「私 はここにいます」と手を上げるような気持ちで強調し、すぐに引っこみます。

[B]~ 2拍前のクレッシェンドはあまり大きくなり過ぎず に。
[C]~ 1小節前の3拍目の裏からはいよいよメロディーです。他の低音楽器と音程、バランス等に注意して力強く堂々と吹きましょう。でもフ レーズィングには注意して。私なら2小節めと4小節目の3拍目のあとでブレスしますね。4小節目の4拍目からはしっかり落として。

[D]~  ここのテヌートは重めの音で、でも立ち上がりはあまくならず。[E] はまた[A]のパターンです。
トリオから転調します。ここはmp からのdim. になっていますが、少し大きめに転調の響きを強調してから、引いて行きましょう。

[F]~ ここの伴奏のパターンはビギ ンのリズムです。こういう時は、1拍目を少し長めに、3,4拍目の8分音符は短めに演奏しましょう。打楽器やHr.の後打ちを良く聞いて。

[G] の4小節目からはまたマーチのパターンの戻ります。
[H] からの4分音符は今度はアクセントですからクリアーにはっきりと。

[ I ] からdiv、パートが分れます。パート内でしっかり音程を合わせておきましょう。 オクターブに分かれた時は上のパートをはっきり吹きましょう。

[J] の2小節前からのクレッシェンドはp からf までですからしっかりと。 またオクターブユニゾンが出てきました。やはり上をはっきり。下は響きを出すパートですから力まずに。

[K] の2拍前の音型もいつものように目立つように。
[L] のsub p は思いきり落として。最後の音は短くなりすぎず、響きを残すように。タッではなくタンというようにタンギングしましょう。

【佐野日出男プロフィール】
武蔵野音楽大学卒業。テューバを石川喬雄、多戸幾久三、故 貝島克彦の各氏に師事。読売新人演奏会に出演。卒業と同時に東京金管五重奏団に入団、94年に退団。ソロ、アンサンブル、オーケストラ、吹奏楽、スタジオ など多彩な演奏活動をおこなっている。海外オーケストラの日本公演にも出演多数。
現在、東京ミュージック&メディアアーツ尚美、テューバグループ S's主宰。日本ユーフォニアムテューバ協会理事。 トレイルブレイザーズ・テンピースブラス、TADウインドシンフォニー奏者。
(※ 2007年時のプロフィールです。現在はSHOBI では指導されていません。)