尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

2007年度全日本吹奏楽コンクール課題曲のすべて

SHOBI講師陣による課題曲講座

 

IV. マーチ「ブルースカイ」(高木登古)

パート別ワンポイントアドバイス(フルート編/講師・渡辺 泰)

渡辺 泰冒頭4小節、基本的に全員が同じリズムを演奏していますので、テンポやリズムが正確に保てるように気をつけてください。付点4分音符や4分音符の長さが短くならないように。ただし押し付けたような音色にならず、軽快にリズミカルに演奏することを心がけてください。
ポイントは発音のスピード感と延ばしている音の抜き方だと思います。4小節目の2拍目の8分音符、きちんと止めることと、その後のフレーズもしっかり聴こえるように発音硬めに(ただしmf で!)演奏して下さい。

6小節目のアルペジオ、ブリチアルディキーを使うのは良いアイデアですが、そのままだとGesの音が出ませんから気をつけて。

[B] の4小節目~、スラーはdim. しない。付点8分音符は短くならない。8分音符は音量・硬さが揃うように気をつけて練習して下さい。6小節目の後半から正確なリズムでテンポを保って演奏できるように。

[C] の5小節目から、フレーズの表情をきちんと変化できるように。音量だけに頼った演奏にならないように。フレーズが長いので、ブレスを途中でとらなければいけないと思いますが、全員が同じ場所でブレスを取らないように。

[E] の9小節目~、下降したgの音が弱くならないように。2小節ずつ<>をつけるのも良いアイデアでしょう(ただし、バランスは考えて)。13小節目のCの音は最初から歌えるように。ただし発音が乱暴にならないように。柔らかい音色で響かせてあげたいですね。

[G] からはとても大変ですが、まずはゆっくりから丁寧に練習しましょう。音は正確に読めていますか?リズムが[16分音符+8分音符] になっていませんか?それとこのフレーズもブレスをとる場所がありませんから、ブレスの位置を相談して決まった場所でブレスが取れるように練習する必要が ありますね。

最後から3小節前のdes-esのトリルは右手のトリルキーを使うようにして下さい。

【渡辺 泰プロフィール】
1990年桐朋学園大学音楽学部在学中に新日本フィルハーモニー交響楽団に入団 し、ソロ・ピッコロ、フルート奏者として活動し現在に至る。新日本フィル等と協奏曲の共演や新作の初演、室内楽、ソロ等の演奏活動も行っている。また、サイトウ・キネン・オーケストラ、スーパー・ワールド・オーケストラ、ジャパン・ヴィルトオーソ・シンフォニー・オーケストラ等へも参加。オーケストラ、吹奏楽の指揮・指導、レクチャーの講師等、幅広い活動をしている。