尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

2007年度全日本吹奏楽コンクール課題曲のすべて

SHOBI講師陣による課題曲講座

 

IV. マーチ「ブルースカイ」(高木登古)

パート別ワンポイントアドバイス(トロンボーン編/講師・郡 恭一郎

郡 恭一郎冒頭は生き生きと歯切れよく、心地よいスピード感で。7小節目の二拍三連はタッチを大切に、短くなりすぎないように。
3番(気持ち大きくハッキリ 目に)と1・2番が上手く絡むように。アクセントと山型アクセントの吹きわけを上手くやりましょう。7小節目のcresc. も効果的に。9小節目のアンサンブルは他の楽器と上手くニュアンス等をあわせましょう。12小節目からのハーモニーは歌心を大切に。特に1番に柔らかさと 柔軟性が求められます。三パートとも美しいスラーで。

[C] のアフクタクトからは雄弁にハッキリ目によく響かして。山型アクセントは気持ちしっかり目に。36小節目は意外に埋もれやすいので注意を。37小節目の dim. は素敵に印象的に。トリオの二小節間のハーモニーをきちんと保つ。綺麗にdim. を。大きくても小さくてもハーモニーが乱れないように。

[F] も意外にもぐりやすい音域です。有る程度ハッキリしっかり、音価も保ち、やや通りの良い音質で吹く事が大切です。67小節目の3拍目の頭までちゃんと吹き切り、絶妙に音量を落としましょう。

[G] に向かってのcresc. はしっかり目にして良いと思います。美しいff まで到達させましょう。
[H] からの付点8分音符+16分音符の形をやはり正確にかつ流れに乗りましょう。

[ I ] 以降は3番、結構大事です。ここは本格的なバスTrb.の感じで音をしっかり目に保ちましょう。タッチも欲しいです。89小節目の二拍三連はチープな感じにならないように注意しましょう。

【郡 恭一郎プロフィール】
シエナ・ウインド・オーケストラ トロンボーン奏者及び理事。ムジカ・ムンダーナ・トロンボーンアンサンブル所属。日本トロンボーン協会常任理事。クラシックからジャズまで幅広い分野にお いて活動中。桐朋学園高校/大学音楽学部卒業。フランスでも学ぶ。第1回日本トロンボーン・コンペティション4重奏部門第1位。日本吹奏楽学会賞受賞。井手茂貴、三輪純生、小田桐寛之、神谷敏、イヴ・ドゥマール、向井滋春、鍵和田道男各氏に師事。
(※ 2007年時のプロフィールです。現在はSHOBI では指導されていません。)