尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

2007年度全日本吹奏楽コンクール課題曲のすべて

SHOBI講師陣による課題曲講座

 

IV. マーチ「ブルースカイ」(高木登古)

パート別ワンポイントアドバイス(トランペット編/講師・本間千也)

本間千也イントロ → 冒頭4小節のリズムと音形、スピード感を揃えることがまず大切です。
他の課題曲もそうですが、イントロがバンドの第一印象となり演奏全体の評価に非常に影響を与えるので、しっかり練習をしましょう。
活 き活きとしたイントロになるように、音形が平たくなったり後膨れになったりしないよう、アクセント記号の音形で演奏しましょう。ただし、2小節目の2つ目 の音は冒頭の他の音符よりも長いですから、他の音符よりも長さを意識して響かせてください。そして、その直後の2小節目4拍目裏8分音符のタイミングは正 確にとらえてください。

6小節目の2分音符の音形は、木管はトリルで伸ばしていますので、音を抜きすぎずに保ったほうがフレーズ感も持続できるでしょう。
9小節目のトランペットとトロンボーンのB-durのハーモニーによる刻みは、p を意識しすぎて貧弱なサウンドにならないよう、少々大きめに入ってdim.を聞かせましょう。

[B] の1stの旋律ですが、付点8分音符の音形とリズムを活き活きと歯切れよく演奏し、平らや後膨れにならないよう注意して木管楽器とアンサンブルをしてください。

[C] から4小節間は低音パートがメロディーです。音量バランスに気を配って、大きくなりすぎないようにリズムとハーモニー重視で演奏しましょう。
5 小節目からは3パートがそれぞれ異なる役割をしていますが、どのパートも非常に大切です。1stのアウフタクトからのmpでのメロディーは、美しく木管楽 器のようにやわらかく歌いましょう。2ndの対旋律も非常に大切です。2ndクラリネットと2ndアルトサックスとともに対旋律を表情豊かに表現してくだ さい。

[D] 5・6小節目のトロンボーンとの応答、ニュアンスや音量を揃えましょう。

Trio → 2小節目1stの装飾音符は拍の前に演奏し、あくまでも装飾ですのでさり気なく綺麗に木管楽器とあわせて演奏してください。

[E] はリズム・テンポ感・音程のアンサンブルが大切です。mp を気にしすぎて弱すぎるとミュートの音色や音程が悪くなってしまいますので、ベルを下げるか譜面台に隠すなど音が目立ちすぎないように工夫をしながら、しっかり演奏したほうがよいでしょう。

[F] の3連符は正確に演奏し揃えましょう。しかし、3連符に気をとられすぎて8分音符がおろそかにならないよう、8分音符の響きと音程を重視してください。
5小節目からは3パートユニゾンですから、一人一人ががんばりすぎずに音程とリズムを揃えることを重視しましょう。16分音符が客席にきちんと聴こえるように、タンギングの子音だけではなくて音の母音もしっかり聴かせてください。7小節目からの3連符も同じです。

[G] からのメロディーはff の指定ですが、曲の終わりに向かってさらに盛り上がりが作れるように控えめな音量で演奏し、それに合奏全体がバランスをあわせるようにしましょう。1stと2ndは、3rdとトロンボーンの上に乗っかる気持ちで演奏するとよいですね。

[H] の1小節前から[H] に向かって、フレーズが途切れないようにブレスの位置を工夫しましょう。[H] からは手抜きせず力強くしっかりff で演奏してください。

[ I ] の2分音符のハーモニーを華やかに美しく力強く演奏しましょう。2拍3連符を正確に演奏してください。

【本間千也プロフィール】
SHOBI に入学し、在学中に学内コンクール1位、新潟県音楽コンクール県知事賞を受賞。1995年には、アジアユースオーケストラの楽員に抜擢され、元イスラエル フィル首席Trp.奏者のエドモンド・コード氏の指導を受けながらアジア・アメリカ各地においての約1ヵ月半の演奏旅行に参加した。SHOBI ディプロマコースを卒業後、1997年にシエナ・ウインド・オーケストラに入団。 1999年、第16回日本管打楽器コンクールに於いて第3位に入賞。現在はシエナウインドオーケストラ楽団員としての演奏活動の他に、さまざまな室内楽グ ループでの演奏や、ソロ演奏、オーケストラ客演、ミュージカル、スタジオ録音、歌手のバックバンド等の多彩な演奏活動を行っている。VIVID BRASS TOKYOメンバー。