尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

2008年度全日本吹奏楽コンクール課題曲のすべて

SHOBI講師陣による課題曲講座

 

I. ブライアンの休日(内藤淳一)

パート別ワンポイントアドバイス(クラリネット編/講師・大浦綾子)

大浦綾子さわやかで明るいマーチです。付点のリズムなどを軽快に演奏することが重要です。

まず[A] からは、トランペットがメロディーです。クラリネットはスタッカートの8分音符を演奏していますが、歯切れよくはずんだ発音で。3小節目はトランペットと のアンサンブルです。2拍目のスタッカートは固く、裏の8分音符にアクセントをつけると雰囲気が出るでしょう。そして4小節目はトランペットのメロディー に答えるつもりで、レガートを意識して演奏しましょう。ただし、スラーの最後の音は短く、そして7小節目の付点4分音符はマルカートで。この[A] からのテーマは、4小節間の付点のメロディーと、それに答える4小節のレガートのメロディーの対比をつけることが大切です。

課題曲の マーチでは、トリオはクラリネット・サックスのユニゾンでのメロディーが多いのですが、この曲ではめずらしくクラリネットがハーモニーに分かれています。 当然一つ一つのハーモニーを美しく響かせることが重要。1stばかりが強くならないようバランスを上手にとってください。

[E] のアウフタクトはたっぷりテヌートで演奏してください。そして4小節目からの付点のリズムは、弾みすぎないようレガートで演奏しますが、3連符みたいにならにように気をつけてください。

[H] からはトリオのメロディーがマルカートで出てきます。1st・3rd・アルトクラは3小節目から4小節目にかけてタイで伸びていますが、4小節目のあたま で音が変わる他のパートと音の長さをそろえてください。8小節目は、1拍目までのフレーズと2拍目からのフレーズというのを明確に分けて演奏しましょう。

[ I ] はハーモニーがつくれるように、各パートしっかり鳴らしてください。

【大浦綾子プロフィール】
武蔵野音楽大学卒業及び東京芸術大学大学院修了。在学中、東京文化会館推薦音楽会 に出演。第55回毎日音楽コンクール(現:日本音楽コンクール)クラリネット部門入選。第6回日本管打楽器コンクールクラリネット部門第2位入賞。 1990年フランスに留学。 1992年パリ12区コンセルヴァトワールを審査員全員一致の1等賞を得て卒業。帰国後、第9回日本管打楽器コンクールクラリネット部門第3位入賞。第 63回日本音楽コンクールクラリネット部門入選。2001年より東京佼成ウインドオーケストラ クラリネット奏者。